FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『69』

69-bt1.jpg
[2004年/日本/カラー/113分]
監督:李相日
出演;妻夫木聡 安藤政信 金井勇太
配給:東映
たけちゃん評価:40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
ベトナム反戦運動が高まり、大学紛争の激化で東大の入試が中止になった1969年、楽しく生きるをモットーにする長崎県佐世保の高校生ケン(妻夫木聡)は、仲間のアダマ(安藤政信)、イワセ(金井勇太)らを誘って、映画と演劇とアートとロックが一体になったフェスティバルの開催をぶち上げる。同時に、成り行きから、学校のバリケード封鎖を思い立つ。すべては、憧れのレディ・ジェーン(太田莉菜)のハートを掴みたいがゆえに始めたことだったが、事態はケンの思惑を越えて、ついには警察沙汰になり…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1969年の青春を謳歌する長崎の高校生達を描いた作品です。
いつの時代も若者達は馬鹿なことをして毎日を楽しむって感じです。
冒頭からいきなりハイテンションな演出なので少し引いちゃいます。
こりゃだめだめ映画かぁ・・・
と思っていたら話が進むにつれそのテンションにも徐々に慣れていきます。
少し下品な映画だけどそれはそれでまぁありかな?
69年、学生闘争の時代。今とは違い若者が社会に対してしっかりと意見を持っていた時代ですね。
この映画でも中盤から少しそっちのほうへ話が進んでいきますが深いところへは一切切り込んでは行かずあっさりと流してしまい、お笑いのネタの一つぐらいの扱いにしかなっていません。
個人的には中盤以降は当時の時代背景を高校生を通してしっかり描いていくのかな??と思って少し面白くなりかけたんだけど。。。なんのことはなくお笑いギャグ映画で終始通してしまうんですね・・・残念。
69年という時代の若者の光の部分も闇の部分もしっかり描いてくれれば秀作になったかもしれません。
こんれじゃだた単に69年を設定にしたギャグ映画ですね。
妻夫木君と安藤君の高校生役にもむりがあるっしょ・・・

| 数字 | 03:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/97-4630ad55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT