FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『生きる』 

51BKlLo+rgL__SL500_.jpg

たけちゃん評価:75
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
市役所の市民課長・渡辺勘治は30年間無欠勤のまじめな男。ある日、渡辺は自分が胃癌であることを知る。命が残り少ないと悟ったとき、渡辺はこれまでの事なかれ主義的生き方に疑問を抱く。そして、初めて真剣に申請書類に目を通す。そこで彼の目に留まったのが市民から出されていた下水溜まりの埋め立てと小公園建設に関する陳情書だった……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今更ながら黒澤監督の『生きる』を観てみた。
にしても古い!!60年前の映画だったんですね
DVDとはいえ画質もかなり悪いし、音声もちょっと聴き取りにくかったなぁ~
でも中身はやっぱりなかなかどうして古くても良質。
カメラワークは今見てもかなり斬新。

ikiru.jpg

主演の志村喬の演技はまさに鬼気迫るものを感じました。
台詞は常にボソボソってかんじであまりしゃべらないですが、その分表情一つで末期癌患者を見事に演じきってます!!特に目が・・・怖い
目力がありすぎだし

作品自体は個人的にはそんなに感動は出来なかったです。
っていうか見てる人を感動させようとかそういう媚びた所のないのがクロサワ映画なのかも。
比較的淡々と話が進んでいくかんじ。
病気物といってもそれほど重たいシーンは少なくあえて避けて作られていたように思いました。

決して泣ける映画ではないけどその分かなり深く考えさせられます。
こういう邦画って近年はと~んと見かけなくなったなぁ~

| 邦画(あ行) | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/65-c7423b6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT