FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『すべては海になる』

all_sea_1_1b.jpg

たけちゃん評価:30
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
書店員の夏樹(佐藤江梨子)が自分の経験を反映して作った独自の本棚が好評を呼び、その本棚に魅了された客で店内はにぎわっていた。ある日、その中の客で中年の女性が事件を起こし、それが縁で夏樹は彼女の息子、光治(柳楽優弥)と出会う。光治も本を支えに生きていることを知り、二人はかけがえのない関係になっていく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書店員が主人公という点は面白そうな要素たっぷりだけど映画としては駄作
主演の柳楽優弥の演技が超ドヘタで気持ちが悪い。
っていうかいくらなんでも太りすぎで見ていてかわいそうになりました・・・
いろんな意味で迷走してます・・・

すべてはカンヌでタランティーノの気まぐれに翻弄されたことに始まるわけですね。。。

| 邦画(さ行) | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/49-c373caba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT