FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『沈まぬ太陽』

shizumanu_1_1b.jpg

たけちゃん評価:65
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山崎豊子による同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ『沈まぬ太陽』を鑑賞。
ジャンボ機墜落事故を背景に巨大企業に翻弄されながらも自らの信念を貫く男の姿を渡辺謙が熱演しています。

完全にフィクションということにはなってますが、企業名や人物名などが変更されてるもののほとんどノンフィクションに近い作品なんでしょうねぇ。
だから当時はこの作品が映像化されることは相当困難だったそうです。
それが現代、今のこの時代になりようやく映像化されたかと思いきやJALの問題があまりにもタイムリーに被さってしまってるあたりなんとも奇妙なものですね

3時間半を越える長編物で途中に10分間の休憩が入ったりしますが全然最後まで苦にならずに楽しめました

人間やっぱり筋を通して義を重んじることがかっこいいんだなぁと感じさせられる映画でした

でも最終的には最後まで会社に翻弄されて終わりって言うラストにはがっかり。。。。
せっかく3時間半も頑張って付き合ったんだからもう少し希望の持てる終わり方を望んでしまいます。。。

あと所々のCGの使い方が・・・
あれなら使わないほうが良いです。
逆にリアリティーが無くなっちゃってるのがツライっすねぇ・・・

| 邦画(さ行) | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/46-80755790

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT