たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『小野寺の弟・小野寺の姉』



163038_01.jpg






監督:西田征史
出演:向井理 片桐はいり
製作年:2014年 製作国:日本
配給:ショウゲート 上時間:114分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強いより子と、クセのある姉弟だったがほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく。。

お互いを思いやる姉弟の姿が微笑ましい。

向井理と片桐はいりが姉弟役で映画初共演し、互いを大切に思いあう不器用な姉弟にそれぞれ訪れた幸せの行方を描いたハートウォーミングコメディ。
2013年に上演された同名舞台の映画化で舞台版も向井と片桐が主演してたそうです。
まず何と言っても姉役に片桐はいりを持ってきてる時点で相当な爆発力ですよね。それだけでかなり面白そうって気になっちゃいます。
『かもめ食堂』やその他の作品では彼女の強烈な個性を前面に出したものばかりで、女優としての本格的な見せ場が少なかったですが、今作ではほぼ主人公ですからあのゲテモノ顔の彼女の演技を十二分に堪能できるという面でかなりレア。
で、弟思いの姉、婚期を逃したさみしい女性。それでいてものすごくチャーミング。という主人公をとてもリアルに演じられてると思いました。
弟役の向井君も今までの作品中『ベスト』と言ってもよいぐらいのハマリ役。
すかしたイケメンよりこういったちょっとだらしないダメな男を演じた方が味が出てます

2295.jpg

編集は『霧島部活やめるってよ』で最優秀編集賞を受賞した日下部さん。
ご本人に話を聞いたところ『面白いよ』とおっしゃってたのでちょっぴり期待してましたが。。。うん、面白い
なんていうかそれほどドラマチックな急展開は少ない作品で淡々と2人の日常を描きつつ、しっかり笑わせてくれ、そしてほんのり泣かせてくれるってかんじ。
全体的に嫌みがない雰囲気でとても好印象でした。
僕は女の兄弟がいないのでそこまで感情移入は出来なかったかもしれませんが、『あ~この姉弟・・・・いいなぁ~』と心がほっこりします。

気持ちの良い一品。なかなかお勧めです

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(あ行) | 05:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/361-a6db8f5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。