たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『フライト・ゲーム』



163038_01.jpg





監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン ジュリアン・ムーア
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ギャガ 上時間:107分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。

面白いけど心配になっちゃうよ。

「アンノウン」のリーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督が再タッグを組み、高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。
『アンノウン』も手軽に楽しめるアクションサスペンスでしたが、最近は『96時間』シリーズ、そして今作とず~とアクション映画にばかり出てるニーソンさん。
『シンドラーのリスト』みたいな映画での好演もできる俳優さんなのに少し心配。
あまりワンパターンにアクション映画ばかり出てるとニコラス・ケイジみたいに使い捨てられちゃうよ?

m0000000744_sub1.jpg

で、今作ですが。
ふむ。やっぱりこの人の出るアクションサスペンス映画はそこそこにオモシロイ。
何よりお手軽さがうれしいです。
こたつでみかん食べながら寝っころがってだらだら見る映画としては相変わらずダントツにコスパの高い作品
決して大作ではないですが、適度な緊張感と謎解きは見ていて飽きることなく最後まで引き付けられます。
しかも今回は外れの少ない飛行機密室シチュエーション物ですからある程度のクオリティーは約束されたも当然!!
そんなわけですぐに記憶から消えてしまう作品ですが107分間ずっと楽しめるという点では映画として役割は十二分に果たしているのではないでしょうか

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(は行) | 03:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/360-6d662b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。