たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ふしぎな岬の物語』



163038_01.jpg






監督:成島出
出演:吉永小百合 阿部寛 竹内結子 笑福亭鶴瓶
製作年:2014年 製作国:日本
配給:東映 上時間:117分
たけちゃん評価:20


《あらすじ》
海と花畑に囲まれた心休まる里、その岬の突端にあるカフェ「岬カフェ」には、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれるコーヒーを目当てに里の住人たちが集まってくる。店の隣に住むおいの浩司(阿部寛)は、何でも屋を営みながら悦子を献身的に見守ってきた。そんな穏やかな日々が営まれていたある日、常連客の娘で音信不通だったみどり(竹内結子)が数年ぶりに帰郷するが…。

監督、寝ぼけてんじゃない?

吉永小百合とつるべえが出てる時点で勝手に山田洋次の作品かなぁ~と思ってたたけちゃんです。
監督は成島さん。まぁここはいいか。
でも東映か・・・
ぶっちゃけ東映の映画は(アニメ以外)いまいち完成度が低いものが多いという印象。
大昔に
深作欣二監督。
吉永小百合
松田優作
石田えり
池上季実子
石橋蓮司
蟹江敬三
成田三樹夫
風間杜夫
松坂慶子
緒形拳
というすさまじい豪華キャストで作られた文芸超大作があり、僕は子供ながら胸をときめかせて期待していたものでした。
が、ふたを開けてみれば作品は悪くないのです。悪くないどころかやっぱりすさまじく濃密な作品であったはずなんです・・・でもどうしても何か安っぽい臭いがどうしてもぬぐえなく失望した経験があります。
幼かった僕は・・・『これは・・・スタッフキャストのせいではなく・・・・この東映っていう映画会社の体質なんだ。』と結論付けるに至ったのです。
実際それは間違っていなかったと今でも思います。だって東映の実写作品って松竹や東宝と比べて駄作が多いですもん(笑)

sub02_large.jpg

で、これ。
ふしぎな岬の物語は本当にたいしたことない。
画も古臭くてダサいし。
物語もなんだかなぁ・・・ってかんじだし。
吉永小百合も何がしたいのかよくわかんないし。
面白くなっていくであろうツボにまで指が届いてない感がたまりません。

成島監督作品は手堅いものが多かったので期待していた分『あれ?』って感じでした。
製作に吉永小百合本人の名前あがありますが、今作では相当彼女の意見や考えが取り入れられてしまう現場だったのではないかと疑います。

ってことでこの作品はなんだか監督が眠気眼のまま仕事してたんじゃないか??
と思うぐらい退屈で輝きのない凡作となってしまいました。

山田洋次監督だったらこうはならなかっただろうな・・・・

モンドセレクションと同価値のモントリオール映画祭審査員賞などという肩書に騙されてはいけません。

とにかく全てが浅い。以上。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(は行) | 04:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/358-4f3acba1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。