たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ジャージー・ボーイズ』



163038_01.jpg





監督:クリント・イーストウッド
出演:ジョン・ロイド・ヤング エリック・バーゲン
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画 上時間:134分
たけちゃん評価:80


《あらすじ》
ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、瞬く間にトップスターの座に就くが…。

只々完成度の高さに唸るだけ。

クリント・イーストウッド監督がブロードウェイの大ヒットミュージカルを基に描くドラマ。1960年代にザ・ビートルズと並ぶほどの人気を誇ったアメリカのポップスグループ、ザ・フォー・シーズンズの光と影を数々の名曲と共に描いていきます。
僕はこのフォー・シーズンズなるグループの事は全く知りませんでした。
でも劇中で披露される楽曲はどれも『あ~!この曲知ってる!』『あ~これも知ってる!』という結果にこのグループの大物ぶりを突きつけられることに。
今まで全然知らなかったものだから、その彼らの成功から挫折までの話がそれはそれは新鮮。

239b9a3b0330a3ee.jpg

イーストウッド監督は彼らが町のチンピラだった頃から、富と名声を得るまでの長い時間を134分の尺の中で実に丁寧に描いています。この辺りはさすがとしか言いようがない。
いろいろなエピソードを入れすぎて逆にまとまりがなくて焦点がぼやけてしまう作品も多々ありますが、今作に関しては全くそのような感じはしません。まさに絶妙なバランス。
いや本当にこれはすごいなぁ~と思います。
オープニングからエンディングまで、ある一定の緊迫感を常に維持したまま話が進んでいくわけですよ。
これが作品が締まるっていうか、完成度の高さっていうものなんでしょうか。

また演奏や歌のシーンなどの出来も

ピカイチ

リードボーカルの特徴的な歌声は吹き替えだろうなぁ~と思ってましたが、ブロードウェイ版同様ジョン・ロイド・ヤング
という人はそのまま演じていたんですね。
う~ん素晴らしい!

ミュージカル作品としての側面から見てもピカイチ。
そしてドラマ部分もイースドウッド監督お得意の時間がゆっくりと流れてるような感覚だけどきちんと深い。っていう横綱相撲を見せつけてくれるわけですから、必然的に作品の完成度は高くなって当然。

久しぶりに良い洋画を見せてもらった。
観賞後はそんな感覚になること間違いなしです。

栄光と挫折と絶望のすべてを経験した主人公が『君の瞳に恋してる』を歌うシーンは感動を超えたもっと深い何かを感じさせてくれます。

オススメ!!

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(さ行) | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/357-6db50e3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。