FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『柘榴坂の仇討』



163038_01.jpg






監督:若松節朗
出演:中井貴一 阿部寛 広末涼子
製作年:2014年 製作国:日本
配給:松竹 上時間:119分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出し…。

阿部ちゃん顔濃い過ぎて時代劇は合わないかも。

桜田門外の変に翻弄された人生を送る2人のお侍さんのお話。
中井貴一の演技は相変わらずの芸達者ぶりで、もはや時代劇においても完全にはまりまくっててめちゃくちゃ安心して見ることが出来ます。
一方もう一人の主役を演じる阿部寛は決してよくないわけじゃあないんですが・・・彼が出るとどうも時代劇の匂いが画面からふわっと消えてしまいます。
まだまだ時代劇の場数が足りないのか???それともやっぱり顔が濃いすぎてあの時代の日本人には見えないせいなのか。。。
そしてもう一人のミスキャスト広末涼子。
やっぱり厳しいなぁ~
抑えた演技ですごく頑張ってるし決して下手ではないんですが。
まぁ見ていただければわかると思いますが、このお2人のせいで作品の風味が飛んじゃってるって時点で同時期に公開された『蜩ノ記』に作品としての格が一歩及んでいないところが非常に惜しい!!!
そんな作品です。

e69f71c214dcf898d5b581d3896f799a.jpg

とはいえ、作品自体の出来は平均点以上。
冒頭の緊迫感あふれる桜田門外の変の描写から始まり、13年もの間、主君の仇を探す男の忠誠心と苦悩、そして彼を支える妻の苦しみ・・・・などなどを周りの人間とのかかわりを描きながら非常に丁寧にじっくりと腰を据えて演出してあるのは素晴らしいです
時代劇としての抑えるべき点はきちんと抑えていると僕は感じました。

まぁこれはとにもかくにも中井貴一の横綱クラスの安定した演技力に拠る部分も多々あるのですけどね!!

68点。

普通に楽しめました!ミスキャストの部分が改善されていればもう一つ上のランクの時代劇映画として世に残っていたのではないでしょうか。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(さ行) | 05:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/355-941e7c17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。