FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『GODZILLA』



163038_01.jpg





監督:ギャレス・エドワーズ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:東宝 上時間:124分
たけちゃん評価:60


《あらすじ》
1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。

前作よりはまし。だけど一級品ではない。

前作のエメリッヒ版『ゴジラ』はあまりにもトカゲすぎて世界中のゴジラファンの怒りを買いまくった作品でしたが・・・
今回はゴジラファンを公言する監督さんによる作品だけあって、かなり日本版ゴジラの造形に近づいています。
少々マッチョになってはいますが、以前に比べればそれはそれは我慢できるレベル。
で、肝心の中身はと言いますと・・・・
予告編から感じられれたスタイリッシュさは残念ながらありませんでした。
う~ん。。。今回は少し期待していたんですけどねぇ。
予告編では特殊部隊がパラシュートで降下していくシーンなどはちょっと雰囲気が良かったし、作品自体の出来もかなり期待できそうな作りでした。
人間vsゴジラというシンプルな構図をスタイリッシュな映像で見せつけてくれる・・・そんなゴジラが見れるのか?!

ですがふたを開けてみると・・・
なんだかB級映画っぽい匂いがプンプン。

ゴジラはなかなか出てこないし。。。
出てきたかと思いきやそれは『ムートー』っていう別の怪獣だったりします。
このムートー君の造形がこれまたいまいち。
いかにもハリウッドが好みそうな陳腐なキャラデザインのせいで一気にB級臭さが映画を包み込んでいきましたねぇ・・・
しかも2匹も登場するもんだからもう主役は完全に武藤君状態。

で、今やハリウッド映画日本人枠の定番である渡辺健がスクリーンに登場すると更に残念な気持ちになっちゃうのは何故でしょう??(笑)
う~ん!!違う!!
予告で感じた『これは!!』っていう驚きはどんどん尻すぼみになっていきました・・・

godzilla_large.jpg

この強烈なワンシーンのカット。
うんうん。これはすごい画です。
まさにこういう映画を見たかったんですよねぇ・・・・

今のハリウッドには無理か・・・

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(か行) | 01:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/10 23:07 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/354-629d6793

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。