たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『イントゥ・ザ・ストーム』



163038_01.jpg





監督:スティーブン・クォーレ
出演:リチャード・アーミテージ サラ・ウェイン・キャリーズ
製作年:2014年 製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画 上時間:89分
たけちゃん評価:65


《あらすじ》
直径3,200メートル、秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、住民たちはシェルターに避難。一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて…。

やっぱ自然災害物は見れます。

大型ハリケーンムービーを見るのはヤン・デボン監督の「ツイスター」以来。
あの作品もそうだったけどアメリカのサイクロン物はどうも竜巻研究者の視点から描くのが定番なのでしょうか???
今回もストームチェイサーたちが追跡する形で物語が進んでいきます。
なんだかツイスターと似てる設定には少しがっかり。

自然災害物はやっぱり一般市民の視点から圧倒的脅威を描いた方がリアリティーもあるし、感情移入もしやすいです。

jp-photosub1-storm_large.jpg

とはいえ、この作品は竜巻追跡者の視点だけではなく、もう半分は被害を受ける住民たち視点での話でもあるのが良かったです。
そのおかけで程よいバランスでハラハラドキドキ感も味わえるし、そこそこの人間ドラマも楽しめます。
個人的には「ツイスター」よりは見終わった後のお得感が感じられた、そんな作品でした

惜しむらくは肝心の竜巻・・・・
もっともっと工夫して絶望感を与えてほしかったかなぁ・・・・
「ツイスター」から18年も経ってるんだから映像は越えていかないとね!!!
予想を裏切るレベル・・・とまではいってませんでした。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/351-1ec99678

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。