FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『オールユー・ニード・イズ・キル』



163038_01.jpg





監督:ダグ・リーマン
出演:トム・クルーズ エミリー・ブラント
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画 上時間:113分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ…。

良作だけど題材的にはこれが限界。

日本の作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。
近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描きます。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ・ライマンさんですからさすがにいい仕事をされています。

トム演じるへっぽこ将校が何度死んじゃってもやり直せる体になったおかげで、圧倒的な不利な戦場を徐々に攻略していく。。。。
っていうのはちょっとRPGのレベル上げのような感覚で見ていて素直に楽しいです!!!!

とはいえどこまでこれが続くんだろう???
とちょっと不安になりかけた頃にちょうどよく次の展開に話が進むようになってるあたりも心憎いです

edge_of_tomorrow_kokuti-05.jpg

アーマースーツのデザインはかっこ良いのですが、実際装着して動くシーンになると少々まぬけっぽく見えます。
でもさすがのハリウッドクオリティー。
戦闘シーンは非常に迫力もあるし楽しい
テンポも良いし徐々に攻略パターンを覚えて強くなっていく主人公という設定も目新しくていいです

でも残念ながらこの何度死んでも1日目からやり直せるという設定の映画は、どうしても映画自体がB級ぽくなってしまうというリスク設定なんですよね~

今作もそうでありまして・・・・なかなか楽しく観賞できるのですが、決してトム様の代表作となるだけの器じゃあないのです。。。。

多分10年後には忘れ去られているであろう小粒な良作。

そういう宿命を負った作品でございました~


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たけちゃんさん、おはようございます。

実はこの作品、劇場に見に行こうか迷ってた作品だったんですe-263
たけちゃんさんの感想を読んで足を止めちゃいましたe-350
確かに戦闘シーンなど迫力がありそうですねe-454
レンタルされるまで、待つことにしますe-343

この作品ではないのですが、昨日3D版「ゴジラ」を見てきました。
1998年に公開された「ゴジラ」に比べれば、遙かにこちらの方が「ゴジラ」らしいですね。
今回はなんと、口から火(放射能)も吹くんですよe-451
ただ、ゴジラ以外に出てきた怪獣なんですが「パシフィクリム」に出てくる怪獣見たいと思ったのは私だけですかねe-3

後、原発崩壊、津波のシーンがあったのですがあれは、東日本大震災を思いおこさせるような場面でしたe-441

見終わって、今回のゴジラは地球の救世主e-3だったのでしょうか・・・。

| あむちゃん | 2014/07/28 09:22 | URL | ≫ EDIT

あむちゃんさんへ
レンタルで十分だと思いますよ~(^^;)
ちなみに僕はジャケ制作まではしないかな~という作品でした!
面白いんですけどね!!
『ゴジラ』もう見られたんですね~!うらやましい!
前作のエメリッヒ版は最悪だったので今回は期待できますね~(^^)
パシフィックリムに出てきたというと。。。ラドンみたいな飛ぶやつですね??
ちなみにゴジラは続編が作られるそうですよ~
次回はキングギドラやモスラも出てくるそうです(^^;)

| たけちゃん | 2014/07/28 22:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/348-35bcb990

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT