FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』



163038_01.jpg





監督:行定勲
出演:芦田愛菜 渦原琴子 伊藤秀優 青山美郷 入江甚儀 丸山隆平
製作年:2014年 製作国:日本
配給:東宝映像事業部 上時間:113分
たけちゃん評価:60


《あらすじ》
狭い団地で、毎日大きな円卓を囲むにぎやかな8人家族で暮らす琴子は、好奇心旺盛な小学3年生。気になった言葉や初めて知ることを「じゃぽにか(ジャポニカ学習帳)」に書き留めるのが日課で、個性的な家族やクラスメイト、担任のジビキ先生らに囲まれ、学校と家とその周辺の小さな世界で元気いっぱいに駆け回っていた。ようやく訪れた夏休み、お隣に住む仲良しのぽっさんがおばあちゃんの家に行ってしまい、ひとりで自由研究にいそしんでいた琴子に、最大のピンチが訪れる。

まとまりがない作りにがっかり。

名子役:芦田愛奈ちゃんを主役に置いている時点で、小学生主人公物としては安心して見れる水準であることは初めから約束されている作品。
実際彼女の演技力はこの作品で十二分に発揮されています
他の子役たちもなかなかにみずみずしい演技で彼女の足を引っ張ることなく作品に華を添えているので見ていて安心

でも残念ながら肝心の中身がつまんない。
想像力豊かな小学3年生の等身大の姿を様々なエピソードを絡めながら見せてくれるのですがどうも芳しくございません。

index.jpg

あれやこれや詰め込んだ割には映画の完成度を高める効果はあまり無かったかなぁ・・・
まとまりがないのでいったいいつ面白くなるのかな~??と思っていたら終わっちゃった・・・・
そんな作品でした

ひと夏の少女成長物語というコンセプトはいくらでも面白くなりそうな素材だっただけに残念。
原作は未読なので分かりませんが、もう少し映画として魅力のある物であってほしかったです

元々公開館数も少ないうえに上映回数も少ない今作。
関東ではあっという間に公開を終了するところもありました。

監督さんはかなりぼやいておられましたが・・・・
劇場側にもっと努力をしてほしいという考えてるようじゃあまだまだ復活は遠いのかなぁ。
好きな監督さんだっただけに頑張ってほしいです

にしても顔の上にウサギが乗ってるシーン。
どうしてもCG使うしかなかったんでしょうが、あのクオリティーでGOサインが出せるっていう時点でレベルの低さがわかっちゃいます
僕ならあんなCGなら絶対に使わないけどなあ。。。。(^^;)


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(あ行) | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/342-16afd909

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。