FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『小さいおうち』





poster2_201401300258028a2.jpg





監督:山田洋次
出演:松たか子 黒木華 妻夫木聡 倍賞千恵子
製作年:2013年 製作国:日本
配給:松竹 上映時間:136分
たけちゃん評価:75


《あらすじ》
健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵子)が残した大学ノート。それは晩年の彼女がつづっていた自叙伝であった。昭和11年、田舎から出てきた若き日のタキ(黒木華)は、東京の外れに赤い三角屋根の小さくてモダンな屋敷を構える平井家のお手伝いさんとして働く。そこには、主人である雅樹(片岡孝太郎)と美しい年下の妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた男の子が暮らしていた。穏やかな彼らの生活を見つめていたタキだが、板倉(吉岡秀隆)という青年に時子の心が揺れていることに気付く。


古き良き昭和の香りが素敵な奥様ドラマ。

直木賞を受賞したベストセラーを大御所・山田洋次監督が熱望して映画化した作品だということです。

もはや山田監督の手腕に関しては何も心配することはなく、やはりその円熟味を増したプロの仕事はこの作品でもきちんと発揮されてるわけであります。
まぁ僕はそもそもが山田監督の作品が好きっていうこともあるんで、ひいき目に見てしまうところがあるのかもしれませんけどね(^^;)
最近の作品に比べるとやはり作り方が少し古くさいと感じちゃう方もいるのでしょうが、昭和が生んだ最後の大監督の昔ながらの息遣いを今なお感じさせてくれる作品としてみるならば、リアルタイムでしかも映画館の大スクリーンで鑑賞できるというのは、この上ない贅沢なのではないでしょうか??

さて、若い俳優さんたちにとって山田監督に使ってもらうってことは本当に名誉なことだと思います。
しかも山田組でのお仕事は、役者としてのステップアップにも確実につながっていってますからね。

特に前作『東京家族』から起用してもらっている妻夫木聡などは良い例ですよね。
俳優としてぐんっ!と開花したのは2010年の『悪人』だったでしょうが、演技に幅が出てきたのは『東京家族』の後からの方が顕著に見えるように感じます。

そして今回その機会に恵まれたのは松たか子と黒木華という2人の女優さん。

松たか子は『告白』『夢うるふたり』という自身の代表作を経て、ついに山田洋二監督作品の主人公を任されるまでの成長を遂げたわけです。まさに女優として確固たる地位を築いたのかもしれませんね。
(山田監督作品には以前『隠し剣鬼の爪』に主演してましたが)

実際この作品での演技は実にお見事。
セリフは当然のことながら、立ち振る舞いやちょっとした手の動かし方だけとっても昭和の時代の良いとこの奥様を完全に演じきってました

そしてお手伝いさん役の黒木華。
このポジションは山田監督ならお気に入りの蒼井優を持ってくるかと思いましたが・・・
そんな彼女を押しのけて?この役を勝ち取ったのが黒木華なのでしょうか??(笑)

彼女も本当に上手い!
『舟を編む』で演じた役柄とは全く違う、純粋で無垢なお手伝いさんをこれまた見事に演じてます。
彼女はおそらく今後はカメレオンタイプの女優さんとしてもっともっと大活躍していくのではないでしょうか??

1390446291「小さいおうち」メイン1

さて映画本編の内容に関してはどうだったかといいますと。。。

要は奥さんが不倫してたっていうだけの話なんですよね。

現代なら昼ドラでもそんなネタだけで1クールとてももたないっていうぐらいありきたりな設定なわけで。
そのあたりを今時分の感覚で観ちゃうとちょっと肩透かしになるかもしれません。

でもこれは戦争前夜の昭和初期の日本っていうところがミソなわけで。
この部分をつまらない設定だという見方は根本的に間違ってます。

この時代は姦通罪という法律があり不倫などしちゃうと6か月以上2年以下の重禁固刑っていう処罰が下された時代なのであります。
そういう社会情勢をある程度理解してみれば、なるほどこの作品の内容に対しても見方が変わってくるのではないでしょうか???

ちなみに相変わらず小道具には山田組特有のこだわりもあり、昭和の世界を見事に表現しています。
ちょっとしたシーンにノスタルジーを感じちゃう人も多いのではないでしょうか??

そして音楽は久石譲。
『ハウル』みたいなテーマ曲ですが、モダンな小さいおうちに住む奥様の物語っぽく、おしゃれでそしてどことなくもの悲しさもある素敵な楽曲を提供しているのも注目です

そんなわけで136分間
昭和の世界にタイムスリップしたかのような感覚で物語を堪能することが出来ました!

この手の映画が好きな大人の方にはおすすめ。(特に女性)

観賞後は家のお掃除をきちんとしよう!って気持ちになりますよ

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(た行) | 03:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/01/31 11:21 | |

こちらこそ!!!ありがとうございました~(^^)

| たけちゃん | 2014/01/31 14:50 | URL |

こちらこそ、コメントありがとうございました。
相互リンクよろしくお願いします。
これからも更新楽しみに読ませていただきますね。

| 小野 | 2014/02/05 22:05 | URL | ≫ EDIT

どうもでーす!!
リンクの件ありがとうございます!
僕の方こそ更新楽しみにしてまーす!!!(^^)

| たけちゃん | 2014/02/06 01:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/332-cec95215

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。