FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ゼロ・グラビティ』



posteraa2.jpg





監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー
製作年:2013年 製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース 映画 上映時間:91分
たけちゃん評価:78


《あらすじ》
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。


内容は地味ながら、斬新な映像で宇宙空間を疑似体験させてくれます。

スペースシャトルの大破により宇宙空間に放り出された宇宙飛行士の決死のサバイバルを描いた話題作。
アカデミー賞作品賞にもノミネートされるなど、評判もすこぶる良い作品です。

内容的には事故が起きてさぁ大変!ってことでなんとか帰還すべく頑張るっていうだけだし、見終わった後に冷静に考えてみても、登場人物はそれほど映画的に盛り上がるような奇想天外なことはやっていません。
至って地味なチョイスと作業を必死に頑張っていくだけ。

でもそれが逆にリアル。

観賞中は口がず~とポカ~ンと空いたままになってしまうことでしょう。

それほど宇宙空間の描き方やVFXが群を抜いています
これって本当に宇宙空間で撮影しました!って言ってもおそらく誰も疑わないのではないでしょうか??

ワンカットの長回しを多用しつつ(本当にワンカットではないでしょうが)、ありえない角度でのカメラのドリー(移動)などはまさに宇宙空間を観客に疑似体験させるという点では極上レベルです

gravity_pin-16.jpg

もう一つ良い点を挙げるならば、なんといってもその上映時間。
今時90分そこそこで切り上げてしまう大作ハリウッド映画なんてそうそうないですよね。
実際問題どれほど最高技術の映像で見せてくれたとしても、そこは宇宙空間。
あまり変わり映えのしない同じようなシーンの連続であることも事実。
となれば、130分延々とやるとどうしても途中で飽きちゃうはずだからでしょう。。。。
観客の集中力が持続するのはせいぜい90分と判断したのは作り手側の英断だったのではないでしょうか。

なお、この作品に関しては劇場で公開されている間に足を運んで、ぜひ大画面の3Dで鑑賞することをお勧めします

無重力空間でふわふわと浮いている水の塊についつい手を伸ばしてみたくなること間違いなしです。

おすすめ映画でございます~

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 04:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

感謝

たけさん
こんばんは
『ゼロ・グラビティ』
ジャケットの空間の取り方が大変良かったです
ありがとうございました

| いさぽん | 2014/04/27 01:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/327-bba3b892

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT