FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『横道世之介』

E6A8AAE98193E4B896E4B98BE4BB8BE69CACE3839DE382B9E382BFE383BC-thumb-480x665-24441.jpg




監督:沖田修一
出演:高良健吾 吉高由里子
製作年:2012年 製作国:日本
配給:ショウゲート 上映時間:160分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
長崎県の港町で生まれ育った横道世之介(高良健吾)は、大学に進むために東京へと向かう。周囲の人間を引き付ける魅力を持ち、頼まれたことは何でも引き受けてしまう性格である世之介は、祥子(吉高由里子)から一方的に好かれてしまう。しかし彼は、年上で魅力的な千春(伊藤歩)にぞっこんで……。


変わり者と天然少女で2時間半は正直魅力半減

『南極料理人』や『キツツキと雨』の沖田修一監督の作品です。
『キツツキ』が結構素敵な作品だったので期待して鑑賞

だったんですがどうもしっくりこなかったかも・・・・
もう少しホンワカ幸せな気持ちになれるかと思ったんですが。

登場人物が少しリアリティーが無さ過ぎたのが原因かもしれません。
主人公の横道はまぁ少し変わり者ではあるが確かに実際にいそうな感じなんですが、全編出ずっぱりの吉高由里子演じる祥子が、またこれに輪をかけて天然キャラなのがちょっと。。。。

yymIMG_0332.jpg

天然キャラもやりすぎるとコントみたいになっちゃうわけで。

変わり者の主人公にコントぎりぎりの天然女子。
この2人のやり取りを延々2時間半見せつけられるわけですからちょっと厳しい。
しかも数年後のラストシーンでの祥子は普通の性格の働く女性にがらりと変貌していますし。。。
おいおいおい・・・ってかんじでした。

これって祥子というキャラクターがもう少し普通の性格のキャラクター設定で、変わり者だけど実はいい人の主人公の魅力に魅せられていく・・・・こういう展開だったほうが作品的に良かったのではないでしょうか
まぁ原作ありきなので仕方がないのかもしれませんが・・・・

作品自体の完成度は決して低くないし、祥子がからんでいないエピソードなどは魅力的なものもあったりします。
それだけに少しもったいなかったかな~???

そんなかんじでした

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(や行) | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/319-70b42ffc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。