たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ワイルド・スピード ユーロミッション』

Fast26Furious6.jpg



監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドウェイン・ジョンソン
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:130分
たけちゃん評価:30


《あらすじ》
リオデジャネイロの犯罪王から100億円を、まんまと奪い取ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)。その後、逃亡し続けていたドミニクだったが、世界中で犯罪行為に手を染める巨大犯罪組織を追うFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に協力を依頼される。ホブスの話によると、その犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)だった。


テキトー過ぎてドン引き。

前作は近年まれにみる面白さで、ちょっとマニアックな走り屋さんモノ映画からメジャーアクション大作シリーズへと一気にジャンプアップを果たした作品だったのですが・・・・
この最新作では一気に後退。
もはやこのまま浮かび上がることはないのではないかという酷い出来。
んまぁ脚本も辛い。
犯罪組織壊滅のためにFBIがこの走り屋さんたちに協力を依頼する(しかも前作で銀行強盗をまんまと成功)っていういくらなんでもトンチキな設定。
そこに記憶喪失の元仲間(どうでもいい)の奪還っていうこれまた面倒くさい設定もくっつけてしまい、どうもパリッとしません・・・・

58037.jpg

そして肝心要のアクションシーンに至っては失笑の連続。
とにかく出てくるみなさんがとんでもない身体能力。
高速スピードで走行中の車からいとも簡単にダイブ!!!
離陸寸前の軍用機からも何のためらいもなくダ~イブ!!
極めつけは高速道路上で主人公と元恋人が猛スピードで空中に投げ出されます!
が・・・・!見事空中で相手をキャッチ!~からのまた都合よくほかの車の上へ着地~

これにはさすがにドン引きです。

もはや『驚異的な運転技術を持った集団』っていう設定は忘れ去られてるとしか考えられませんね・・・

アクション映画とはいえ越えてはならない一線がありますよ。
それ越えちゃうと一気にバカ映画にランクダウンします。

それをいとも簡単にやってのけちゃうんだから本当に頭が悪い。
アメリカ人にはその辺は関係ないのかな??

ってなわけでたけちゃん的には本当にがっかりした作品であったわけです。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(わ行) | 04:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/315-337ea867

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。