FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『プラチナデータ』

0000000001_0000000600.jpg





監督:大友啓史
出演:二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美
製作年:2012年 製作国:日本
配給:東宝
上映時間:134分
たけちゃん評価:30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮和也)は、DNA捜査システム関係者の連続殺人事件を担当することに。しかし、同システムは神楽自身を容疑者として示し、思考を繰り広げた結果彼は逃亡するが……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうにもならないB級映画

う~ん
前半は。。。まぁ。。。なんとか。。。期待は出来る感じだったんですよ。
冒頭の事件現場のシーンからDNAを解析しての犯人検挙の下りはちょっといい感じ。
これは期待ができるかな???と思ったのもつかの間。
その後はどんどん失速してい中盤でどうにもならなくなり。。。
そして後半で失笑レベル突入という久しぶりの地雷映画でございました。

スクリ~1

何より一番の失敗は。。。
二宮君がど~~見ても、

天才科学者には見えない。

これもう完全にミスキャストと言わざるを得ないでしょう。
二宮君の演技力は『青の炎』や『硫黄島からの手紙』で証明済み。
にしたってこの作品で起用させるのは苦ってもんですよ。。。。

やっぱ主人公としてあまりにもチビなんですよね。
だからそれなりの衣装や立ち振る舞いで天才科学者になりきろうとはしてはいるんですけど、残念ながら学芸会レベル。

トヨエツにしたって全然深みがないし、
鈴木保奈美なんて全く意味不明。

これってやっぱり監督さんの責任によるところが大きい気がします。
天下の東宝もここ最近こういった地雷映画を送り出す率が高くなってきたなぁ・・・

何より原作:東野圭吾っていうセールスポイントはもはや過去のお話。
質の低下の著しさを感じざるを得ません。

ってわけでつまんない映画なのでよほどの嵐ファン以外はお勧めしません


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(は行) | 05:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/314-d12aa956

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。