FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ヘルタースケルター』

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e.jpg





監督:蜷川実花
出演:沢尻エリカ 大森南朋 寺島しのぶ
製作年:2012年 製作国:日本
配給:アスミック・エース 上映時間:127分
たけちゃん評価:40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々の羨望(せんぼう)と嫉妬(しっと)を一身に集めるりりこ(沢尻エリカ)。だが、その人並み外れた美ぼうとスタイルは全身整形によってもたらされたものだった。そんな秘密を抱えながら弱肉強食を地でいくショウビズの世界をパワフルに渡り歩く彼女だったが、芸能界だけでなく、世間をひっくり返すような事件を引き起こし……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
苦痛の127分間。

第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた岡崎京子原作の『ヘルタースケルター』を、「さくらん」の蜷川実花が映画化した本作。
写真家として有名な同監督の映画2作目ですね。
さすが写真家だけあって映像や撮り方はファッション雑誌のように華やかで構図もおしゃれ。
お得意の色彩感覚もこれでもかとぐらいに原色系で攻めまくっておりまする。
うんうん。
こりゃさすがはプロのお仕事ぶりですね~
確かにかっこいいし序盤は新鮮で驚かされます。
でも美人は三日で飽きるとばかりに中盤以降はその色彩感覚にも慣れてしまい、これといって新鮮さもなくなりどうでもよくなっちゃうわけで。
やっぱコンテナよりコンテンツ。
中身が大事ですよね

intro02.jpg

でもその肝心の中身がまったくもってお粗末さまなもんだからさぁ大変だ!

主人公のリリコは全身整形の後遺症に怯えながらも芸能界にしがみつこうとする執念深い女という描写があるかと思えば、
自分の妹相手にはそんなものには意味が無いと簡単に言ってしまう部分もあれば、
超わがままで周りのスタッフをとことん困らせてしまうタカビーなダメ女でもあり、しまいには犯罪行為にまで加担させてしまう。
かと思えば周りのスタッフはそんな彼女のことを嫌いにはなれず、むしろ狂信的に崇める輩までいちゃったり。
やることなすことひっちゃかめっちゃか。まさにヘルタースケルター。

キャラクターに一貫性がないので見てる側は感情移入がしづらい。
それってつまり観客はおいてけぼりジェットコースターみたいなものです。

せっかくエリカ様が体当たりで熱演しているのに本当にもったいない。

とどのつまりは監督の力量不足なんでしょうねぇ。。。
美しい映像は撮れるけど観客をグイグイ引き込んでいくようなドラマは撮れない。
この調子で臆することなく127分間もダラダラダラダラと倒錯したりりこのひっちゃかめっちゃかぶりを見せつけるんだからある意味たいしたものですよ(^^;)

『わぁ~映像が綺麗!!』とか『エリカ様かわいぃ!』だけで2時間我慢できる強者以外はお勧めできません。

それよりも沢尻エリカ。
ちょっと見直したかな。
プライベートでお騒がせな彼女ですが、そのぐらいの毒がないと『女優』としてはダメなのかも。
今作での演技は上手いとか下手とかではなく、とても存在感がありました。
全く毒のない宮崎あおいなんてどの映画でも卒にこなす一方、平均的優等生すぎて印象薄いですもんねぇ。。。
一方エリカ様は出演した1本1本を自身の代表作にしてしまう、そんなオーラがあります


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(は行) | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/306-9a0562c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。