FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『殺人の追憶』 

ccc9683ee5.gif

たけちゃん評価:70
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始めるが、現場は大勢の見物人で荒らされ、なかなか証拠がつかめない。やがて、第ニの事件が起きてしまう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2003年の作品。
ちょっと前の映画だけどすこぶる評判が良いので先日観て面白かった『チェイサー』に続いて韓国サスペンス映画を観てみることに。

こちらも元ネタは本当にあった華城連続殺人事件。
1986年から1991年に掛け 華城市近辺の小さな村で起こった9件の連続強姦殺人。
動員数 警察・機動隊合わせ 約167万名

容疑者及び捜査対象者  21000余り

DNA鑑定 570名

毛髪鑑定 180名

指紋鑑定 40116名

というとんでもない規模の人員が動員されたにも関らず未解決という不思議な事件です。

でもこれって犯人が冴えてるんじゃなくて

韓国当局の捜査レベルがザル

っていうだけのような気がします。

実際この映画に出てくる警察もほんとに馬鹿ばかり。
ろくに殺人現場の封鎖もできないので貴重な証拠の保全もできない。
大事な証人は死なせてしまう。
とにかく暴力行為で自供させて誰でもかれでも犯人に仕立てようとする。

主人公の刑事(ソン・ガンホの方ね)がそんなんだからとにかく見ていて腹が立つしぐでぐでで緊張感がない。
後半真犯人に限りなく近づいたのにもかかわらず女子高生の被害者を出してしまうあたりからようやく目が覚めてくれるのでピリッとします。

後半の出来がかなり良いだけにそれまでのぐでぐで感が非常にもったいない作品でした。
それでも全体的に見ても良くできた映画なんですけどねぇ・・・

特にラスト30分は非常に見ごたえもあるし終わり方も余韻が残るうまい手法だったと思います!

それだけに・・・

それだけに・・・

| 洋画(さ行) | 03:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/2-8cec1424

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT