FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ランド・オブ・ザ・デッド』

img_1159381_30883490_0.jpg
[2005年/アメリカ/カラー/93分
監督:ジョージ・A・ロメロ
主演:サイモン・ベイカー デニス・ホッパー
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
たけちゃん評価:40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
ある日突然死んだはずの人間が次々とゾンビになり、そのうちの一人が知恵をつけ始めた。銃や、器具を使うことを覚えたゾンビたちにライリー(サイモン・ベイカー)やわずかな生存者たちは窮地に追い込まれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゾンビシリーズの神様。ジョージ・A・ロメロ監督が撮ったゾンビ最新作。
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から始まりあの『ゾンビ』を生んだゾンビ映画の先駆者であるロメロ監督。
まだゾンビ映画で勝負しているとは・・・・一生ゾンビ物で勝負なのね。
で、この作品なんですが当然オリジナルの『ゾンビ』と比べれるほどのものではありません。
ゾンビが今作では知能を持つようになり、銃も使うし川も渡ったりします。更にはリーダーシップをとるゾンビ。仲間が殺されると怒るゾンビ。
あれやこれやとアイデアを盛り込んでいますがこれは逆効果。そんなゾンビあまり怖くないんですよね。やっぱりゾンビはわらわらとただ餌を求めて徘徊しているほうが不気味だし怖いでしょう。
それに加えてチープな人間たちの描写がさらにお寒い。
ジョン・グレイザモやデニスホッパーが出演してるのにこの辺だけでももっと面白い展開にすればよかったのに。。。。
怖さも、作品の出来も『ゾンビ』の足元にも及ばないB級映画。他の監督ならまだしも当のご本人がこんなもの作っちゃだめよ。ファンは悲しいでしょう。

| 洋画(ら行) | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/175-04596a57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT