FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『THE有頂天ホテル』

77fffcedcbe6417dad5ec544ee302187.jpg
[2005年/アメリカ/カラー/136分]
監督:三谷幸喜
出演:役所広司 松たか子 佐藤浩市
配給:東宝
たけちゃん評価:65
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
物語の舞台は大晦日の大ホテル。そこに集ったそれぞれの人々に起こるそれぞれのハプニング。彼らに、幸せな新年は訪れるのだろうか?“ホテルアバンティ”の副支配人である平吉はなんとか今日、大晦日を無事に終えたいと願っていた。しかしなぜだか総支配人は行方知れずになり、ホテルにはワケありの人物たちが続々集結。彼の願いもむなしく、トラブルばかりが発生していく。おまけに別れた妻と遭遇。働いていると言えなかった平吉は、授賞式に呼ばれて来たのだと嘘を付いてしまうのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
印象的につい最近の戦争である湾岸戦争を題材にした映画です。
監督は『アメリカン・ビューティー』や『ロードトゥパーデション』などで知られるサムメンデスですね。
まずこの映画いままでの戦争映画というくくりで一方的思い込みをして見てしまうと痛い目にあいます。
戦争映画お得意の大迫力の戦闘シーン。目を背けたくなるような凄惨シーンなどは全くといっていいほど出てきません。作品全体のトーンも従来の戦争映画のように重いトーンではなくどちらかというとポップな感じです。それでも目に見えない不気味な感覚などは感じることは出来ますけど・・・
実はこの作品、原作は湾岸戦争での実体験を赤裸々につづったA・スオフォードのベストセラー小説であります。
敵の姿などどこにもない砂漠に従軍し、ひたすら“その時”を待ち続ける若き海兵隊員の退屈と衝動、苦悩と狂気を、兵士たちの等身大の視線を通して描いたお話なのです。
このことが前提に無かったならなんとも盛り上がらないお粗末な戦争映画としか見ることが出来ません。
でもじゃあそのことを理解したうえでこの作品を見たときにはどうなのか??
結論からいうなれば理解していたとしても原作が伝えようとした退屈な戦争の異様な実態と従軍兵達の心の内側はこの映画ではそれほど伝わってはきませんでしたね。
見終わった後に何も残らない時点で失敗作だったと言わざるを得ません。

全てが中途半端、どっちつかず、これがこの作品の総評ですかね。イマイチ。

| 邦画(あ行) | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/166-4624aaa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT