FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ボーン・アイデンティティー』

51F0Y1NFZDL.jpg
[2002年/アメリカ/カラー/119分]
監督:ダグ・リーマン
主演:マット・デイモン フランカ・ポテンテ
配給:UIP
たけちゃん評価:70
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》ある日、イタリアの漁船が海上で意識不明の男を保護。記憶を失くした彼の背中には弾痕があり、皮下にはなんとマイクロカプセルが埋め込まれていた!やがてその男は、各国のパスポート、多額の現金、自動拳銃、そしてパリの住所と“ジェイソン・ボーン”という名前を持つことが判明。さっそく彼は、自らの正体を探るため調査に乗り出すが、巨大組織の陰謀が待ち受けていた…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今まで温和な好青年役の多かったマット・デイモンが初のアクションに挑んだ映画。記憶をなくしたスパイさんのお話でした。
途中知り合った女も巻き込んでの自分探しの危険な旅に出ます。
ここ最近のハリウットはこれまでのドル箱アクションスター達が歳を取りすぎてしまったため新しい若手のアクション俳優の発掘に力を入れてるようです。
さてマットデイモンにアクション俳優は務まるか否か!?
結論からいうと合格!!やっぱり若い役者は動きが良い!スピード感が違いますね。おそらくこの映画に合わせて相当体を鍛えてきてると思われます。劇中たくましい肉体も疲労してくれますので女性ファンにはたまらないかもですね。
もともと演技派俳優なので演技はバツグン。これからも演技派の若手俳優をドンドンアクション映画に起用していけば演技の出来るアクション俳優が生まれてきそうでいい予感ですね。
さて肝心の映画の中身ですがなかなか良く出来ていました。119分と長めですが演出の妙とそのテンポのよさでほとんどだれることなく最後まで面白く見させていただきました。途中、マンションでのボーンとCIAの諜報員との戦闘シーンは秀逸。そうそう!鍛えられた人間の動きってそれぐらいすばやいんだよね~て感心しました。凄腕諜報員ぶりが見事に伝わってくる殺陣のシーンでした『マトリックス』のワイヤー使ったふわふわアクションシーンがますますしょぼく見えます。
ビデオで見るなら安牌な映画。
スパイアクション物が好きなら面白いよ~(^- ^)

| 洋画(は行) | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gekikarahihyou.blog101.fc2.com/tb.php/143-cf8d019c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT