たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『るろうに剣心 京都大火編』



163038_01.jpg





監督:大友啓史
出演:佐藤健 武井咲 藤原竜也 神木隆之介
製作年:2014年 製作国:日本
配給:東宝 上時間:139分
たけちゃん評価:60


《あらすじ》
かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。

志々雄編は誤魔化し効きません。

前作は漫画原作物の実写化では数少ない成功例と位置づけられていたこのシリーズ。
スケールアップして2部作公開と大風呂敷を広げたのは良いけれど・・・・
結果的にはかなり期待外れでした
良かったのはOPから志々雄の登場シーンまで。ここの下りはとっても良かった。
特に志々雄登場のシーンは画的には相当いいかんじ。なんともいえないわくわく感は日本映画ではあまり味わったことのない感覚だったかも
でもそのあとは・・・・やはりリアリティーを追及する時代劇としては無理があるし、かといって漫画的に寄りすぎると実写でやってる以上ギャグになってしまう。
本当に難しいですよねぇ・・・

20140530182940.jpg

そもそもこの志々雄編は原作でもかなり漫画的描写が目立ち始めた時期のもの。
登場する十本刀の描かれ方も巨人は出るは、ありえない大きさの鎌を振り回す女の子は出るはでおよそ実写化には向かきにくいエピソードです。
前作の御庭番衆や鵜堂刃衛はそこまで突飛したキャラクターではないので、実写化の範疇に収まっていましたが・・・
今回はさすがに厳しいかなぁ~(^^;)
これはさすがに無理!!!と思うシーンでも妥協してのハードルを下げて観賞している自分がいましたから。
見る側にハードルを下げさえてちゃあこれはもう傑作にはなりえないです。

殺陣も内容も全てにおいて本格的な作品を見たい方にとっては消化不良であることは間違いなし。
そんなわけで自然と後編は映画館に行かなくてもいいや。DVDを待とう~って気持ちになりました~

ちなみに唯一の見どころは藤原竜也のはまりっぷりかな?いいかんじです

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。


スポンサーサイト

| 邦画(ら行) | 00:25 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。