FC2ブログ

たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『春を背負って』



poster2_20140705045944b20.jpg





監督:木村大作
出演:松山ケンイチ 蒼井優 檀ふみ 小林薫 豊川悦司
製作年:2013年 製作国:日本
配給:東宝 上時間:116分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。

地味だけど普通に楽しめます。

とにかく山を舞台にした作品が好きであろう木村大作さんの作品。
山を舞台にこんな映像を撮ったぞ~!どうだ~!山ってすごいだろう~!!
っていう押しつけがましい作品かな~と危惧してたんですが、蓋を開けてみると思いのほか人間ドラマに主軸を置いた作品でした
山に対する執着心もこれぐらいの温度だと見ていて非常に心地よいです

95080.jpg

話の中身も展開も今どきの映画にしては地味。
多少のアクシデントなどは起きますがそれでも作風自体が一昔前の日本映画ってかんじ。
でも逆にそれがちょっと嬉しいですね
ごく普通の一般人が人生の岐路に立ち、いろいろな出会いを通して前に進んでいく活力を与えられる。。。
そういうお話をこの作品のように、古臭いけど丁寧に見せてもらえると晴れやかなものです
松山ケンイチはどこにでもいる青年を等身大で見事に演じてますし、トヨエツも癖があるけど頼りがいのある、良い人オーラ全開の山の男を好演。
この二人のやり取りを見てるだけでも盤石の安定感。
但し相変わらず蒼井優は蒼井優にしか見えません。
彼女と宮崎あおいは2大演技派っぽいけど全然響いてこない女優ですよね・・・・

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。


| 邦画(は行) | 05:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |