たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『真夏の方程式』

manatuhoutei.jpg





監督:西谷弘
出演:福山雅治 吉高由里子 杏 風吹ジュン 前田吟
製作年:2013年 製作国:日本
配給:東宝 上映時間:129分
たけちゃん評価:72


《あらすじ》
きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。


親子愛に重点を置いた良質なドラマ

東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾。
前作『容疑者Xの献身』もテレビドラマ物の映画化ながらドラマとは一線を画す作り方で、映画単品としての完成度が高く、ドラマ→映画パターンの稀に見る成功例でした。
とにかく『ドラマも見たことない人でもいきなり楽しめること』これに尽きるわけです。

で、この作品なんですが・・・
ドラマ見てなくても普通に楽しめちゃいましたねぇ~
おそらくドラマからの登場人物であろう吉高由里子や北村一輝はほんのチョイ役な立ち位置でしか描かれたおらず、メインは映画オリジナルの登場人物たち(秘密を持った旅館の一家)にスポットが当たっているのが良いです

manatuhoutei2.jpg

で、事件の真相を暴いていくのが子供嫌いな主人公の科学者とズバリ子供。
この組み合わせもとても良い効果を出しています
これが普通に吉高由里子だったら随分と面白みのない安っぽい映画になったんだろうなぁ・・・

科学嫌いのバディ(子供)に延々とそして淡々と実験を繰り返しながらその面白さを伝えるシーンなどすごくいいかんじでした
計測して回収。計測して回収。
ほとんど会話のないシーンでありながら湯川が実は決して冷淡な人間ではなく、愛情表現に対してただ不器用なだけということがものすごく伝わってきちゃいます。
お見事!

じっくりとどっしりと硬派な作りのサスペンス映画。
田舎の美しい景色に癒されながらもある家族の悲しい過去に心揺さぶれる。。。。
まさに真夏の暑っ~~い時期にこそ見るべきかも。

全体の雰囲気がとても良いです

音楽もスバラシー

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 邦画(ま行) | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ワイルド・スピード ユーロミッション』

Fast26Furious6.jpg



監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドウェイン・ジョンソン
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:130分
たけちゃん評価:30


《あらすじ》
リオデジャネイロの犯罪王から100億円を、まんまと奪い取ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)。その後、逃亡し続けていたドミニクだったが、世界中で犯罪行為に手を染める巨大犯罪組織を追うFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に協力を依頼される。ホブスの話によると、その犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)だった。


テキトー過ぎてドン引き。

前作は近年まれにみる面白さで、ちょっとマニアックな走り屋さんモノ映画からメジャーアクション大作シリーズへと一気にジャンプアップを果たした作品だったのですが・・・・
この最新作では一気に後退。
もはやこのまま浮かび上がることはないのではないかという酷い出来。
んまぁ脚本も辛い。
犯罪組織壊滅のためにFBIがこの走り屋さんたちに協力を依頼する(しかも前作で銀行強盗をまんまと成功)っていういくらなんでもトンチキな設定。
そこに記憶喪失の元仲間(どうでもいい)の奪還っていうこれまた面倒くさい設定もくっつけてしまい、どうもパリッとしません・・・・

58037.jpg

そして肝心要のアクションシーンに至っては失笑の連続。
とにかく出てくるみなさんがとんでもない身体能力。
高速スピードで走行中の車からいとも簡単にダイブ!!!
離陸寸前の軍用機からも何のためらいもなくダ~イブ!!
極めつけは高速道路上で主人公と元恋人が猛スピードで空中に投げ出されます!
が・・・・!見事空中で相手をキャッチ!~からのまた都合よくほかの車の上へ着地~

これにはさすがにドン引きです。

もはや『驚異的な運転技術を持った集団』っていう設定は忘れ去られてるとしか考えられませんね・・・

アクション映画とはいえ越えてはならない一線がありますよ。
それ越えちゃうと一気にバカ映画にランクダウンします。

それをいとも簡単にやってのけちゃうんだから本当に頭が悪い。
アメリカ人にはその辺は関係ないのかな??

ってなわけでたけちゃん的には本当にがっかりした作品であったわけです。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(わ行) | 04:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。