たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ダークナイト・ライジング』

185a24def2ef6969c78b56b81f6b6b12.jpg





監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール マイケル・ケイン 
出演:ゲイリー・オールドマン
製作年:2012年 製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:164分
たけちゃん評価:87
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
ジョーカーがゴッサム・シティーを襲撃するものの、ダークナイトが死闘を繰り広げ彼を撃破してから8年後。再びゴッサム・シティの破壊をもくろむベイン(トム・ハーディ)が現われ……。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
異様なまでの完成度。もはやアメコミではなく芸術的娯楽作。

前作『ダークナイト』にも87点という点数を付けた、たけちゃんです。
あれから数年、待ちに待ったノーラン監督によるバットマン新作。
う~~ん・・・やっぱこの人は半端じゃあないですね~
どうして単なるアメコミ映画をこのレベルの作品にまで昇華させることができるのでしょうか???
前作は作品の完成度もさることながら故ヒース・レジャー演じるジョ-カーの存在感が圧倒的過ぎたので、もうこれ以上の敵役は出てこないだろうと思ってましたが・・・なんのなんの・・・今回のマスクマンもやるやる。
ってか強い!!!強すぎるし!!やることはジョーカーより広範囲に大迷惑

c536b59b19e9ab637b1c79b35039ec13.jpg

にしてもその壮大な計画の下りの演出なんてほんとに見事ですよねぇ
ゴッサムシティという大都市一つを完全封鎖状態にし無法地帯にまで変えてしまうまでの見せ方は舌を巻きました。。。カット割りやカメラワークどれをとっても天下一品。
大体、橋の爆破シーンをすべてロングシュットのみで撮影するなんて普通の監督さんじゃあしませんよ。
これこそ見せ場だ~とばかりにアップで撮るんでしょうね~
あのロングショットでの爆破シーンだからこそ、ベイン(マスクマンの名前)の計画の規模の大きさが大都市全体をも巻き込むのに十分であるという絶望感を更に引き立てているのだと僕は思いました

こんな感じで舌を巻いたシーンはこれだけではなく、それを全編通して見せつけてくるもんですから映画を見慣れたマニアにはたまらない164分なわけですよ~まさにしびれまくりってやつですね。

hasibakuha.jpg

例を挙げるならば・・・

スタジアム襲撃時のベインの背中からのカット。陰影をつけた撮り方のかっこいいこと。
やっぱセンスのある監督さんは背中からの映像を多用しますよね

blog438.jpg

駅から脱出を試みるキャットウーマンの衣装や撮り方のなんと映画らしいこと!!
なんすか~これ~。もう一つの絵画みたいな絵を撮っちゃう監督さんですよね~

あと音楽!これももぅ~かっこよすぎるし!!ハンス・ジマーすごい!!←『バックドラフト』なんかの人
こんなにも世界観にマッチしててかっこよいなんて~!!これぞハリウッド映画音楽!!

はっ!いけないいけない!ついマニアックな話になってきちゃいました~

前作でもそうでしたが今回も、ものの見事に画面の端々まで一寸の緩みもございません。
まさに完全主義者による完全を目指した作品。
映画マニアにとってはたまらなく、そうじゃない人にも当然楽しめるはずです。

前作もそうでしたが今作も10年に1度の傑作。何年たっても色あせないそんな映画だったと思います
こりゃ2012年最高の映画かな~(^^)

参考になったよ~という人は拍手ボタンをポチッとお願いします~

スポンサーサイト

| 洋画(た行) | 04:14 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『アメージング・スパイダーマン』

cdc53bc3.jpg





監督:マーク・ウェブ
出演:アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン 
製作年:2012年 製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
上映時間:136分
たけちゃん評価:70
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は両親が失踪した8歳のときから伯父夫婦のもとで暮らしていた。ある日、ピーターは父リチャード(キャンベル・スコット)の共同研究者だったコナーズ博士(リス・エヴァンス)のもとを訪れ、研究室で特殊なクモにかまれてしまう。その直後、ピーターの体には異変が起き……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これはこれでありなスパイダーマン。

『500日のサマー』の監督さんに変わって新しくスタートしたスパイダーマン。
前回までメガホンを取ったサム・ライミ監督作品の第1作目は今からもう10年も前になるんですねぇ・・・
で、やっぱり監督さんが変わると作品の匂いもガラリと変わってしまうもので、この作品も全シリーズにまで漂っていたオタク臭というかマニアック臭みたいなものは消え去って、なんだか洗練されちゃって優等生になっちゃった感じです。ですから『サムライミ万歳~!』って人には受け入れられないのでしょうけど、僕のように面白ければ気にしないよ~て人には充分楽しめる作品だと思います

2012-The-Amazing-Spider-Man-HD_1600x900.jpg

なんといっても主人公がイケメン!!!ヒロインも・・・まぁまぁ普通に可愛いかな??
前シリーズまでのヒロインの可愛くなさときたら・・・ある意味名物でしたもんね(笑)
そんなかんじでイケメン美男美女が繰り広げる青春映画のような爽やかなスパイダーマンって感じの作品ですかねぇ・・見ていて清々しいのでこれはこれでアリかな??

メインのアクションシーンや見せ場の数々はさすがに10年の進化を感じさせてくれます。とにかく綺麗なのがすごいです。夜のシーンでも映像が見やすくて迫力があるってものすごく大切なことですよね
ストーリの大筋はサム・ライミ版パート1をなぞったものですが映像や演出は進化しているのでその辺がが見ものです
何よりスパイダーマンをかっこ良く見せる撮り方がうまいなぁ~って感じました

参考になったよ~という人は拍手ボタンをポチッとお願いします~

| 洋画(あ行) | 04:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ももへのてがみ』

momoletter_wp_sp.jpg






監督:沖浦啓之
声の出演:美山加恋 優香 西田敏行
製作年:2011年 製作国:日本
配給:角川映画 上映時間:120分
たけちゃん評価:68
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
父親を亡くしたももは、11歳の夏に母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来る。彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた父からの書きかけの手紙が遺(のこ)されていたが、その真意はついにわからずじまいだった。ももは仲直りできないまま逝ってしまった父親のことで胸がいっぱいで、慣れない場所での新しい生活になかなかなじめずにいた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年の製作期間をかけて完成させた長編アニメーション。
この作品のどこに7年もかける必要性があったのかはとりあえず置いておきまして・・・・作品の出来としてはまぁまぁってところでした・・・
でもまぁ作画監督が『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画は『AKIRA』の井上俊之『猫の恩返し』の井上鋭、さらには美術監督には『魔女の宅急便』の大野広司という錚々たる顔ぶれが揃っているだけあって舞台となった瀬戸内の風景や町並みの書き込みのレベルは相当高いです多分この手のアニメの中でもトップレベルなんじゃあないでしょうか???

201212140123116b2.jpg

でも肝心のもののけ三人組のキャラクターデザインが・・・・しょっぱい
映画冒頭ではそう感じたとしても本編が進むにつれ愛着がわいてきて、終盤ではついに愛おしく感じてしまう・・・そんなキャラクターデザインであって欲しかったんですが最後の最後まで、『もうちょっとなんとかならないかなぁ・・・』ってかんじでした。
人間たちのキャラクターは別にそうでもないんですけどね

そんなわけで、美術レベルは最高、音楽もすこぶる良し。
でも、もののけのデザインが厳しい。ストーリーもどこかで見たことあるようなお話。
ってところでこの点数でした

参考になったよ~という人は拍手ボタンをポチッとお願いします~

| 邦画(ま行) | 03:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。