たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『マダム・マロリーと魔法のスパイス』



163038_01.jpg





監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ヘレン・ミレン オム・プリパパ
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:ディズニー  上時間:122分
たけちゃん評価:80


《あらすじ》
インドのムンバイでレストランを営むカダム家の次男として生まれたハッサン(マニシュ・ダヤル)は、名料理人の母から絶対味覚を受け継ぐ。だがある晩、彼らの店は選挙絡みの暴動により全焼し、母親まで失ってしまう。失意の父(オム・プリ)は子供たちを連れてヨーロッパに移住し、南フランスにある自然豊かな山間の小さな町にたどり着く。

タイトルはともかく、これぞ素敵な映画。

『ギルバート・グレイプ」「ショコラ」の名匠ラッセ・ハルストレムが監督を務め、リチャード・C・モライスの小説を映画化した心温まるヒューマンドラマ。

まず何が面白いって全くかみ合わないだろうな~と思わされる対照的な2つのものを題材にしてお話を作ってあること。
そしてその水と油のようなもの同士が次第に融合していき一つの化学変化を起こしてしまう。
この作品で描かれるのはそんな2つの文化であり家族。
お上品な1ツ星のフランスレストランと香辛料入れまくりのインド料理店。
南フランスのエレガントなマロリーさん一家とガサツでうるさい親父のインド人家族。
この2つか道路1つ挟んだお向かいさんなったものだからさぁ大変。
マロリー夫人も第一印象嫌なおばさんだし、インド人親父もかなり攻撃的。
全く合わない二人の争いは徐々にエスカレートしていきますが・・・・・

gallery_mallory_01.jpg

ところがどっこい。
いろいろな事件を通してこの2つの家族の距離が次第に縮まっていくのだから不思議なものです。
物語が進むにつれ二人とも実は良い人ってことがわかってくる描き方のさじ加減が非常すばらしい。
まさに作品を彩る美味しそうな料理の隠し味に通じるものがあるぐらいに絶妙です

以下ネタバレあり

お話が進んで、インド人家族の息子の料理の腕前のおかげでフランス料理店も繁盛するわけですが。。。
そんな彼のさらなる飛躍を予感し、成長のために手放してしまうマロリーさんの度量に感心しました。
普通ならずっと手元において自分のお店のために働いてほしいと思うじゃあないですか~
いや~。マロリーさん本当はとっても優しい人間性の持ち主。
こういうお話を見ると本当に心がほんわかします

ついこの前まで機関銃をぶっ放してたヘレン・ミレンさんがこんなに丸くなっちゃうなんてねぇ~(笑)

美味しそうな料理の数々はあくまでおまけ。
水と油の2家族が料理という共通のこだわりを通じて、次第に心を打ち解けていくのが最大の見せ場。
テンポもよいし、お話も面白い。
雰囲気も素敵だし、ラストも気分が幸せになる。
久しぶりに素敵な映画を見ることが出来てまさに満腹でございました~。

お勧め!!!

但しタイトルのセンスなし!!
映画会社には人材がいないのかと心配になっちゃいますね~

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 洋画(ま行) | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マレフィセント』



163038_01.jpg





監督:ロバート・ストロンバーグ
出演:アンジェリーナ・ジョリー エル・ファニング
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ディズニー 上時間:97分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。

こっちがオリジナルでもいいんじゃない?

”禁断の秘密が、ついに暴かれる─「眠れる森の美女」の誰も知らない“本当の 物語”
なんてキャッチコピーで宣伝しておいて、蓋を開けるとオリジナルのストーリを全く無視した展開に賛否両論がある今作。まぁ僕はオリジナルのお話にそこまで思い入れもないし、これはこれで別物として観たので普通に楽しめましたよ~
悪~い魔女が実は・・・・・元々は良い奴で人間に騙されて闇に落ちたのであった・・・みたいな設定は大好きなのです。
そういう悪い奴が徐々に人間性を取り戻していくっていうお話は更に好き

権力にとらわれた人間の心変わりや裏切りっていう展開の方が、現代においてはよっぽどリアルですしね
そういう意味ではこっちがオリジナルでもいいんじゃない??話に深みもありますからね~
なんて書くとオリジナルファンからは怒られるかもしれませんが・・・・

10404732_658866807525315_1728975766_o.jpg

個人的に好きなシーンは・・・・
幼いオーロラ姫がマレフィセントの頭の被り物を不思議そうに触るところ。。。。
うんうん!そのへんてこりんな被り物には触りたくなるよね!!わかるよ~と映画館でうなずいてしまいました(笑)

さて全体的な出来はと言いますと・・・・さすがはディズニー。
相変わらず

鬼の編集能力

でわずか97分でものの見事に感動シーンからアクションスペクタルシーンを詰め込んでおります。
それでいて時間的にちょうどいい尺に感じてしまう・・・・
本当にこれってすごいと思うのですよ。

ジブリにも見習ってほしいです・・・・・

冒頭の妖精マレフィセントが大きな翼で大空を舞うシーン。
同じCGでも日本映画との格の違いをまざまざと見せつけられます。

CGってわかるのに何故違和感が感じられないのか・・・・???
う~ん。。。すごいなぁ。。。。


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(ま行) | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マン・オブ・スティール』

manofsteel.jpg





監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィル エイミー・アダムス マイケル・シャノン ケヴィン・コスナー
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:143分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

すごい映画だとは思うんだけどなんだか盛り上がらない。

何年か前にもリメイクされたスーパーマンさん。
あの時もまぁまぁ楽しめた記憶がありますが、今回はちょっと毛色が違います。
監督が映像美に定評がある『300』のザックさん。
製作が『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン。
とくればこれはやっぱり『大人も楽しめる』リアル試行なスーパーマンなのではと期待しちゃいます。
事実予告編映像を見てもこの考えは間違ってないだろうと思わせるには十分なものでした。
で。
いざふたを開けてみると・・・・

うん。。。確かに今までのシリーズのようなお気楽さやユーモア性はほとんどそぎ落とされていて、まんま『ダークナイト』シリーズのスーパーマンバージョンです。
映像もスタイリッシュ。アクションシーン以外の撮り方はテレンス・マリックかい!っていうぐらいいい感じで情緒的(^^)

Man_of_Steel-Superman-Henry_Cavill-033.jpg

で、肝心のアクションシーンはこれはこれですごい。
極めて完成度の高いドラゴンボールの戦闘シーンのようです。
そんなかんじで全体的には全てにおいてハイクオリティーなんです。
なんですが。。。。

ど~にも盛り上がらない

そうなんです。観ていて気持ちがなぜだか全然盛り上がらないんです。
たけちゃん的にその原因を考えてみると。。。。。

とにかくスーパーマンが人助けをする描写が少なすぎる。
前半ちょこっとそういう描写はあるけどまだまだスーパーマンが全国的知名度には全くなっていない状況でそのまま悪の軍団地球襲来へとつながるのが致命的だったと思います。

ゾット軍団の脅威に晒された状況下でいきなり現れた全身タイツ男。
敵か味方かわからずアメリカ軍も終盤まで困惑します。
当然国民にしてはもっと状況がつかめないわけです。

この構図じゃあカタルシスの解放へは繋がりませんよね・・・・・

今まで人々を助けてくれた正義の味方スーパーマン!という位置づけをまずはしっかり描いておいて。。。

その上で悪の軍団登場

スーパーマンが1度はやられる
もしくは何らかの事情でなかなか助けに表れてくれない。

ゾット軍団に完膚なきまでにやられる全人類
ここで観客にうっぷんをたまらせまくる。

でいよいよもうだめ!!ってところでスーパーマン登場!

完膚なきまでゾット軍団を叩きのめす大活躍!!!!

こういう定番の流れはどんな形であろうととっておかないとね。。。
特にこの手の映画は。

その辺が上手く作られてないから外見は豪華だけど中身はど~にも味の薄いとほほな作品になっちゃっています。

地球人から見ると

なんか宇宙人同士が大暴れしてるわぁ・・・・
こりゃこまったもんだわ~
しばらくしたら静かになったよ??解決したの??

みたいな映画です。

ちなみに続編ではなぜかバットマンも登場するらしいです。
ん~。。。。。。。。方向性がよくわかりませんね

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(ま行) | 19:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『モンスターズ・ユニバーシティ』

20130407_9db047.jpg





監督:ダン・スカンロン
声の出演:ビリー・クリスタル ジョン・グッドマン
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ 上映時間:103分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
人間の子どもたちを怖がらせ、その悲鳴をエネルギー源として用いるモンスターの世界。そこに暮らすモンスター青年マイクは、明朗活発でポジティブな思考の持ち主だったが、仲間よりも体が小さくてルックスもかわいいことに劣等感を抱いていた。これでは子どもたちを絶叫させる“恐がらせ屋”にはなれないと、世界中のモンスターが憧れを抱く名門大学「モンスターズ・ユニバーシティ」に入学。期待に胸を膨らませる彼だが、そこにはサリーを筆頭に大きくて姿が恐ろしい“恐がらせ屋”のエリート候補生があふれていた。


ピクサー全盛期の勢いはないけどさすがの安定感
ピクサーの代表作『モンスターズ・インク』のシリーズ第2作。
人間の子どもたちを怖がらせるのが仕事のモンスター・コンビ、マイクとサリーの学生時代のお話。
前作は『子供たちの悲鳴をエネルギーに変換してモンスターの世界に送り込む』というかなりユニークな設定の面白さが目を引きましたが、今作はそれに代わる面白い設定はそれほどあるわけではありません。
ただ単に2人の主人公がモンスターズインクに努めるきっかけになる大学時代の事件を中心に描いていくわけです。

01_201307310444165eb.jpg

二人が出会い、困難に立ち向かい、それを解決する。めでたしめでたし。
この王道な展開にはいまいち満足感はありませんが、それはそれで作品の完成度の高さで十分観賞に耐えるレベル
でも残念ながら全盛期のピクサー作品に見受けられた『新鮮さ』『深い感動』みたいなものはあまりかんじられません。
まぁ題材が題材なので仕方がないのかもしれませんけどね・・・(^^;)

CGの完成度はピカイチ。
話は平均より上。

そんなかんじでした

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(ま行) | 04:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『未来を生きる君たちへ』

mirai_ikiru_1_1b.jpg

たけちゃん評価:72
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『未来を生きる君たちへ』72点
アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞をW受賞した作品。
スウェーデン映画でございます。
暴力に対して暴力で対抗するとまたそこに憎しみの連鎖が生じてしまう。
という難しいテーマを大人の社会と子供の社会、別々の視点から見事に描いています。
最後に救いがあるのが良かった
まじめな題材をまじめに扱ったまじめな映画です。
子供の演技が上手し。

| 洋画(ま行) | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マイティー・ソー』 

mighty_thor_2_1b.jpg

たけちゃん評価:60
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よくある洋ゲーみたいな映画。
ナタリーポートマンには救われるけど作品的にはいもくさいっす。
垢抜けてないっていうか洗練されて無い感じ。
アクションシーンなんかはかなりド派手なんですけどね・・・
DVDで十分かな?

| 洋画(ま行) | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マイ・ブラザー』

mybrother_1_1b.jpg

たけちゃん評価:65
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ~こりゃ面白い!!!
内容もまじめな題材だしタイムリー。
で、主演3人の演技が本当に素晴らしい!!!
実に楽しめました!!!

っと

思ったら

デンマーク映画の『ある愛の風景』のリメイクでした。
他人のふんどし映画だったと知ってがっかり。

| 洋画(ま行) | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』

millennium_1_1b.jpg

たけちゃん評価:75
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
題名とジャケット写真で完全に誤解される映画。
ふたを開けていると本格的な謎解きサスペンスの良作。
少々悪趣味な描写が多々ありますが推理物が好きな人にはお勧めの1本です。

| 洋画(ま行) | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。