たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ベイマックス』



163038_01.jpg






監督:ドン・ホール クリス・ウィリアムズ
声の出演:スコット・アツィッ ライアン・ポッター
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ディズニー  上時間:102分
たけちゃん評価:82


《あらすじ》 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。

30分ぐらいに感じてしまうテンポの良さと魅力的な主人公2人

孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの長編アニメーション。
巷では予告編詐欺とまで言われてる作品ですが、そのせいで評価が低くなってるわけではなくむしろ好評&大ヒットの勝ち組映画です。
たしかに日本版のマーケティング方法は感動ものでプッシュしていますが内容的にはそれほど問題ではないです。
実際、ほろりとさせられる部分もあるし、ぶわっ!と涙腺を刺激するシーンもありますから

で、映画の出来ですが・・・・
まずとにかくキャラクターが魅力的。
ベイマックスのデザインは、なるほど・・・こういう手があったか・・・と思わせられるほどシンプル。
それでもなぜか愛くるしい。
これってどちらかというと日本人向けな造形かもしれません。そう、どこかユルキャラとかぶります。
アメリカさんがこういう引き出しを持っていたとは!
しかもベイマックスの動きはかなりツボにはまるかわいさと滑稽さ。
これをすべて計算づくで見せつけてくるディズニーのクリエイターのレベルの高さに只々驚かされましたね~

Rikka-bh6-wp.jpg

主人公の少年ヒロも負けてない。
とにかくCGキャラクターとは思えぬほど生き生きしてる。
別にリアル系CGキャラではないわけで、完全にディフォルメされた漫画的造形ながらもこの存在感・・・・
んーーーーー!!!!
日本のCG映画じゃあもう歯が立ちません

そしてあいかわらずのハイテンポ編集。
1時間40分が30分ぐらいに感じてしまうこの編集技術。
そして構図も演出も作る側から見るともう神レベル

はぁ~(><)
と、ため息しか出ないですね。
これが世界最高のスタッフが作り上げたCGアニメーションの完成度なんですねぇ~。

個人的には他の仲間のヒーローたちが少し邪魔くさくて、ベイマックスとヒロだけでじっくりと話を見たかったという願望はありましたが、作品としては本当に完成度が高いと思います。

続編が・・・・見たいかも。
と素直に感じちゃう良作でした

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 洋画(は行) | 20:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『フライト・ゲーム』



163038_01.jpg





監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン ジュリアン・ムーア
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ギャガ 上時間:107分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。

面白いけど心配になっちゃうよ。

「アンノウン」のリーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督が再タッグを組み、高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。
『アンノウン』も手軽に楽しめるアクションサスペンスでしたが、最近は『96時間』シリーズ、そして今作とず~とアクション映画にばかり出てるニーソンさん。
『シンドラーのリスト』みたいな映画での好演もできる俳優さんなのに少し心配。
あまりワンパターンにアクション映画ばかり出てるとニコラス・ケイジみたいに使い捨てられちゃうよ?

m0000000744_sub1.jpg

で、今作ですが。
ふむ。やっぱりこの人の出るアクションサスペンス映画はそこそこにオモシロイ。
何よりお手軽さがうれしいです。
こたつでみかん食べながら寝っころがってだらだら見る映画としては相変わらずダントツにコスパの高い作品
決して大作ではないですが、適度な緊張感と謎解きは見ていて飽きることなく最後まで引き付けられます。
しかも今回は外れの少ない飛行機密室シチュエーション物ですからある程度のクオリティーは約束されたも当然!!
そんなわけですぐに記憶から消えてしまう作品ですが107分間ずっと楽しめるという点では映画として役割は十二分に果たしているのではないでしょうか

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(は行) | 03:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『パラノーマル・アクティビティ4』

b0a47ac7.jpg





監督:ヘンリー・ジュースト アリエル・シュルマン
出演:ケイティー・フェザーストン
製作年:2012年 製作国:アメリカ
配給:パラマウント映画 上映時間:88分
たけちゃん評価:40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
2011年、ネバダ州の外れ。アレックスの家の隣にある人物が引っ越してきた頃から、アレックス一家を不思議な現象が襲う。ある日、アレックスは不思議な現象を撮影しながら、テレビ電話でボーイフレンドと話していた。そして家の前にいた不気味な少年と目が合った瞬間、突然パソコンのディスプレイにノイズが生じ、さらに家中のドアが開き……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それなりに怖い。

シリーズを重ねるごとにどんどん質が低下していきもはや何の魅力もない、するめ状態のパラノーマル第4作目。第1作の定点カメラの映像による恐怖演出というアイデアは本当に斬新で怖かった記憶があります。
何といっても予算をかけずにあそこまでの興行収入を達成したわけだから作り手側はウハウハですよね!
2匹目のどじょうどころか4匹目。。。更には5,6,7匹でも狙う勢いの今シリーズ。
さすがにもうネタ切れ感ありまくりですが、それでもやっぱりちょっとドキッとさせられちゃうところがあったりするんだから恐るべし。

PA4-001_jpg_cmyk.jpg

やっぱ定点カメラって生理的にちょっと嫌ですよね
しかも今回は不気味ながガキンチョがさらに雰囲気を高めてくれちゃってますしね。

でもラストはもはやこのシリーズのお約束!!とばかりにバカバカしさ爆発。
不思議なもので最後にいつも笑っちゃうんですよね。。。。
おいおいおい!ってかんじで。

鑑賞中はちょっとドキドキ。。。
そしてラストシーンで笑わせて頂いちゃう。

そんな楽しみ方をするべきお気楽極楽B級映画。

100円レンタルで十分!

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(は行) | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ぼくのエリ 200歳の少女』

bokueli_1_1b.jpg

たけちゃん評価:80
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは苦痛に満ちた毎日を送っていた。学校で陰湿な苛めにあっているのに誰も気づかない。それほど孤独だった。ある日、隣りに謎めいた少女エリが越してくる。「君の友だちにはなれない」といきなり告げるエリだったが、毎晩のように中庭で顔を合わせ、寝室の壁越しにモールス信号を送り合うようになる。その頃、町では猟奇的な殺人事件が起きていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
古今東西ヴァンパイア映画にはずれ無し。
という言葉があるかどうかはわかりませんが僕はヴァンパイア物はかなり好きです
夜になれば無敵の力を誇りながらも太陽の下ではからっきし。聖水にも弱いし十字架は大嫌い。
他人の家には居住者が『入っていいよ』と言わなければ入れない。
食料は人間の血液オンリーだから現代では入手もハイリスク。
それでいて不死、というシチュエーションがすでに相当切ないんですよね~

その切ない設定がヴァンパイア物を非常に魅力的にしているんでしょうね。
今作はそれに少年少女の淡く切ない恋心みたいなものを更に上乗せしている時点でもうお手上げっすよまいりました~

20101008_621488.jpg

舞台はストックホルム。
季節は厳しい冬。とにかく雪の白いイメージ、それと対比する赤い血液のコントラストみたいなものが効果的に映画全体を包み込んでおりまして非常に良い感じ
更に主演の2人の北欧特有の透き通るような肌の白さにこれまた赤が映えまくりなんですね
只々美しい
『小さな恋のメロディー』や『さよなら子供たち』の雰囲気を併せ持ったヴァンパイア映画とでもいうんでしょうかねぇ。。。
スゥエーデン語の台詞も耳触りりが良いし、全てにおいて詩的なオーラに満ちています。
この辺はハリウッド映画にはまずありえない部分ですよね
思春期を演じた子供達の演技も上手いし、音楽も雰囲気よし。で本当に良かったなぁ~
世の監督さんはこれ見て嫉妬しちゃった人もいるんじゃないでしょうか?
自分のフィルモグラフィーにこういう映画があったらいいよなぁ~って僕なら思っちゃいますね

最近ネタ切れのハリウッドが早速リメイクに乗り出して、実はもう今年の秋には公開しちゃうという節操の無さにはあきれちゃいます。
タイトルは『Let Me In』。すでに予告編も公開されてますが本当にそのまんまリメイク。
僕はこのリメイクってのが他人のふんどしで相撲を取るみたいで大嫌いなんです。
まっそれだけオリジナルのこの作品が魅力的だったということですかね。
ちなみにこの映画の『雰囲気のよさ』はアメ公さんたちには作り出せないのは言うまでもありません

let_the_right_one_in2.jpg

後この映画何がすごいって、日本公開版を見ただけではこの作品の本当の奥深さがわからないってことです。
劇中でエリの着替えを覗いてしまうオスカー少年のシーンがあるんですが、そこには完全にボカシ入っちゃってるんです。
あ~少女の性器が映ってるからぼかしなのか~と普通の日本人は思いますが、実はそのシーンがこの映画の肝なんですね。
ネタばれになりますが無修正版のオリジナルの映像を見ると映画の解釈が180度変わっちゃうんですよ~
これから見る方がいるかもしれないのであえて書きませんがこの部分を知ることによりこの映画の魅力が断然増します
これは映画会社の重大なミスとしか考えられません

これじゃあ単なる少年とヴァンパイアの少女の恋愛映画として見ちゃって終了ですよ
本当は更に切なく!更に深い!お話なわけなのですね。。。。

そんなわけでこの映画お勧めです。

ヨーロッパ映画好きな人や雰囲気のある映画が好きな人は必見ですよ
久しぶりに余韻の残る映画でした

| 洋画(は行) | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『パラノーマル・アクティビティー2』

paranormal2_1_1b.jpg

たけちゃん評価:30
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1作目が売れたんで2匹目のドジョウで。
やってることはなーーーーーーんにも変わってないです。
いくらなんでも芸が無さすぎってもんで怖くもなんともありません。
近々第3作目が公開されます。ダメダコリャ

| 洋画(は行) | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』 

hp7_2_1_1b.jpg

たけちゃん評価:68
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハリポタってこの前作と前々作あたりからようやくシリアス路線になって少し楽しくなってきたんですよね~
最終作ということでいろんな謎が解き明かされるんですが、まぁそれほど驚きは無かったかも。。。
最終決戦ももっと!もっと!もっと!盛り上げてもらいたかったというのが本音かな
CGはめちゃくちゃハイレベルなんだからハリーの髭の濃さを何とかしてほしいです。

| 洋画(は行) | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ブラックスワン』 

blackswan_1_1b.jpg

たけちゃん評価:68
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
確かにナタリーポートマンの演技は素晴らしかった~
映像も音楽も迫力があり映画館で見るのは適してるかも!!
でもそんなに面白い映画ではないですよね。
精神的に病んだ人の話ってつまんないっす。

| 洋画(は行) | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『バーレスク』 

burlesque_1_1b.jpg

たけちゃん評価:70
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主人公にクリスティーナ・アギレラという本物のDIVAをキャスティングした時点で勝ちですよね
歌とダンスのシーンは贅沢そのもの。
超ハイレベルなショーシーンを楽しめちゃいます。
ストーリーもそれになりまとまっているのでセーフ
ミュージカル映画といっても台詞の最中に突然歌いだすあ~いうヤツでないのでご安心を

| 洋画(は行) | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。