たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ 』



163038_01.jpg





監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン レイチェル・マクアダムス
製作年:2013年 製作国:イギリス
配給:シンカ、パルコ 上時間:124分
たけちゃん評価:80


《あらすじ》
自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい…

人生に良い影響を与えうる作品。

タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が、恋人や友人、家族と育む何げない日常の大切さを描きます。

タイムトラベル物であるという時点でちょっとどうかなぁ~と思いました。
しかも家系の中で男性だけに現れる能力で、暗闇の中でじっとして手を握ることによって過去に戻れる・・・
といいう設定もなんだか安っぽい。

で、最初の方は可愛い彼女を作るためにその能力を駆使して奮闘する主人公の姿が描かれていきます。
それはそれでそのやり取りは定番ながら楽しめます。
それで彼女ができて万々歳!で終了ならどこにでもある普通のラブコメ映画だったんでしょうけど、この作品はここから先がなかなか深みを増していきます。

About-Time.jpg

と、いうかここからがこの作品の本題。
一生の伴侶を得た主人公のその後はいろいろなことが起こります。
それを持ち前の能力を駆使しながら解決しつつ、最終的にはどうすることもできない壁にもぶち当たるわけです。
単なる恋愛ものではなく、どちらかといえば家族愛、人間愛、人生観を描いた作品でした。

ハリウッドで久しぶりにこの手の作品でじっくりと作られた良作にあたったなぁ~と思ったらイギリス映画でした

ラストで主人公が悟ったある境地。
これにはなるほどなぁ~と思わされました。
タイムスリップという特技を持つ主人公の生きざまを2時間見せつけられた後に示されるわけだから説得力もありあり。
この教訓を単なる映画として消化するか、それとも人によっては実生活で本当にそんな考え方をして生きていけるほど影響されやすい人もいるのかもしれません。
でも、もし後者のタイプなら本当に人生が少し良い物へと変わるかもしれませんね。

と、そんな影響力すらあったとても良い映画作品でした。
お勧めです

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 洋画(あ行) | 06:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『イコライザー』



163038_01.jpg




監督:アントワン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン クロエ・グレース・モレッツ
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ 上時間:132分
たけちゃん評価:68


《あらすじ》
ホームセンターに勤務するマッコール(デンゼル・ワシントン)は、かつてCIAで名をはせた工作員であったが引退し、ひっそりと生活していた。ある夜、少女の娼婦(しょうふ)、テリー(クロエ・グレース・モレッツ)がロシアンマフィアにひどい扱いを受けているのを知ったことから、マッコールは自分にしかできない仕事をすることを決意。それは、警察が手出しできない不正を瞬く間に解決へと導くことだった。

中盤までの雰囲気は最高。

どんな裏仕事も19秒で完遂する元CIA工作員をデンゼル・ワシントンが演じたアクション映画。
この男は普段はホームセンターに勤めている普通のおじさんなんですが、出来るだけ外部とのかかわりを最小限に留めながらカメレオンのように一般社会に溶け込んで生活をしています。
そんな彼の唯一の楽しみが行きつけのカフェで読書をしながらお茶することでして、毎回決まった席で机の上の配置、ナプキンやフォークの位置までも気にする几帳面な性格なのです。
たけちゃん的にはこのあたりがかなり映画的演出でツボりました
もうね、ここまでの下りだけでこりゃあなかなか面白そう!って感じちゃいましたからね~

まぁ話的にはそのカフェで一人の少女と出会い・・・・って感じで進んでいくわけです。
自分の素性を隠すために出来るだけ人にかかわらない生き方を選択している男が、クロエちゃん演じる若い娼婦の境遇を案じて話し相手になってあげるところもすごくほっこりしました。
これは久しぶりに雰囲気のあるアクション映画に出会えたぞ!!!
と、わくわくしましたね~。

maxresdefddault.jpg

でもそこから先が少しもったいないことに。
これからだろう!と思ってしまうクロエちゃんはなんとここで途中退場。
その後は必殺仕事人張りに急にみんなのお手伝いに奔走。
自身の特殊能力を出し惜しむことなくフル解放して悪をバッタバッタとなぎ倒していきます。

確かにその様は見ていて面白いしスカッとするんですが、この展開のおかげで中盤まで維持されていた最高に良い雰囲気っていうものがぶっ飛んでしまい、どこにでもあるハリウッド映画になっちゃいました。

ラストのホームセンターでの戦いや宿敵との最期の決着のつけ方などは・・・・もう少しどうにかならなかったものでしょうか。
もったいないなぁ・・・・

やっぱクロエちゃんとの話を主軸にして進めた方が良かったような気がします。
それだとそれこそ『レオン』と被っちゃうのはわかりますが、そこを何とか工夫してほしかったところでした。

ちなみに最後のシーンはさすがにやりすぎ。そこまで強すぎると逆にしらけます。
一気に漫画になっちゃいますからね。

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 19:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『イントゥ・ザ・ストーム』



163038_01.jpg





監督:スティーブン・クォーレ
出演:リチャード・アーミテージ サラ・ウェイン・キャリーズ
製作年:2014年 製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画 上時間:89分
たけちゃん評価:65


《あらすじ》
直径3,200メートル、秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、住民たちはシェルターに避難。一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて…。

やっぱ自然災害物は見れます。

大型ハリケーンムービーを見るのはヤン・デボン監督の「ツイスター」以来。
あの作品もそうだったけどアメリカのサイクロン物はどうも竜巻研究者の視点から描くのが定番なのでしょうか???
今回もストームチェイサーたちが追跡する形で物語が進んでいきます。
なんだかツイスターと似てる設定には少しがっかり。

自然災害物はやっぱり一般市民の視点から圧倒的脅威を描いた方がリアリティーもあるし、感情移入もしやすいです。

jp-photosub1-storm_large.jpg

とはいえ、この作品は竜巻追跡者の視点だけではなく、もう半分は被害を受ける住民たち視点での話でもあるのが良かったです。
そのおかけで程よいバランスでハラハラドキドキ感も味わえるし、そこそこの人間ドラマも楽しめます。
個人的には「ツイスター」よりは見終わった後のお得感が感じられた、そんな作品でした

惜しむらくは肝心の竜巻・・・・
もっともっと工夫して絶望感を与えてほしかったかなぁ・・・・
「ツイスター」から18年も経ってるんだから映像は越えていかないとね!!!
予想を裏切るレベル・・・とまではいってませんでした。

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『オールユー・ニード・イズ・キル』



163038_01.jpg





監督:ダグ・リーマン
出演:トム・クルーズ エミリー・ブラント
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画 上時間:113分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ…。

良作だけど題材的にはこれが限界。

日本の作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。
近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描きます。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ・ライマンさんですからさすがにいい仕事をされています。

トム演じるへっぽこ将校が何度死んじゃってもやり直せる体になったおかげで、圧倒的な不利な戦場を徐々に攻略していく。。。。
っていうのはちょっとRPGのレベル上げのような感覚で見ていて素直に楽しいです!!!!

とはいえどこまでこれが続くんだろう???
とちょっと不安になりかけた頃にちょうどよく次の展開に話が進むようになってるあたりも心憎いです

edge_of_tomorrow_kokuti-05.jpg

アーマースーツのデザインはかっこ良いのですが、実際装着して動くシーンになると少々まぬけっぽく見えます。
でもさすがのハリウッドクオリティー。
戦闘シーンは非常に迫力もあるし楽しい
テンポも良いし徐々に攻略パターンを覚えて強くなっていく主人公という設定も目新しくていいです

でも残念ながらこの何度死んでも1日目からやり直せるという設定の映画は、どうしても映画自体がB級ぽくなってしまうというリスク設定なんですよね~

今作もそうでありまして・・・・なかなか楽しく観賞できるのですが、決してトム様の代表作となるだけの器じゃあないのです。。。。

多分10年後には忘れ去られているであろう小粒な良作。

そういう宿命を負った作品でございました~


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『X-MEN フィーチャー&パスト』



163038_01.jpg





監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン ジェームズ・マカボイ マイケル・ファスベンダー
製作年:2014年 製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画 上時間:132分
たけちゃん評価:65


《あらすじ》
2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。

マグちゃんの立ち位置が映画の魅力を半減。

前作ではプロフェッサーXとマグニートの過去を描いた、ブライアン・シンガー監督による新作。
前作はアメコミものながら今、流行のちょっとシリアス路線がばっちりはまって、近年稀にみる面白さだったです。
で今回は何を見せてくれるのかな~と思ってたらタイムスリップ系。
で先述のお二人がなんとなんと手を組んで闘うという展開。
これにはちょっと興奮しちゃいますよね~
でも基本的にプロフェッサーは戦闘タイプではないので、見せ場のほとんどはマグちゃんが持っていきます。
ところが肝心のマグちゃんが完全に味方になったわけではなく、常に自分勝手に行動するもんだからイライラしちゃいます。

X_Men_Days_Future_Past_13838031568400.jpg

一番の見せ場である、【マグちゃんフルパワー野球場直接落とし】という超大技も共通の敵に対してかますのではなく、完全に主人公たちの足を引っ張るために行われるために爽快感が全くないです。
こりゃあ本当にもったいない・・・・・
今回は共闘ってのが一番の面白さだと思うんですが、終始こんな関係で話が進むので喉に何か詰まった感がず~と残るんですよね~

マグちゃんにもいろいろと思うところはあるでしょうが今作に関して言えば、前もって敵ロボットの体内に鉄分を混ぜておくという姑息な作戦を取らずに、圧倒的力で敵軍団を葬り去ってくれる彼の姿を見てみたかったです

そんなわけで脚本の段階で設定をつまらなくしてしまった感のある残念な作品でございました・・・・

あと、見せ場は全て予告編で使われているシーンだけっていうのもなんだかねぇ・・・


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 05:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ウルヴァリン SAMURAI』



the_wolverine_pos-04.jpg





監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン 真田広之 TAO
製作年:2013年 製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス映画 上映時間:149分
たけちゃん評価:30


《あらすじ》
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。


笑うしかないぐらいシュールな設定。

今回はなぜか日本が舞台の『X-MEN』のシリーズのスピンオフ作品。
まぁ・・いつものごとくというか、定番というか・・・日本を舞台にしたハリウッド映画で違和感がない作品というものは、ほとんどといっていいほど存在しない今日この頃。
この作品も多分に漏れずその伝統を守ってくれています

長崎で原爆が至近距離で落ちてるのに被爆しない、というかそういう概念すらない描写があったり
出てくるやくざは全員中国人マフィアみたいだし・・・
日本人の設定のはずが日本語がカタコトとか・・・
出てくるヒロイン扱いの女が簡単に体を許すし・・・
相変わらず何かといえば忍者出てくるし・・・
死んじゃたジーンはしつこいぐらいに枕元に出てくるし・・・
剣道のシーンではなぜだか投げ技が繰り広げられてるし・・・

おいおいおいおい。
いくらなんでも適当過ぎるでしょうが
スタッフに日本人がいなかったのでしょうか・・・いなかったんでしょうねぇ・・・。

極めつけは、近所のおばちゃんがいきなり道路をふさいだ大木をどかすのに男手がほしいと訪ねてくるシーン。

田舎の漁村でウルヴァリンが住民のために一生懸命木を切っているシーンには只々苦笑するしかありませんでした。。。

これって何の映画????

the_wolverine_movie-review-2013-7.jpg

こんなの日本で公開しなさんな。
いかに設定のリサーチチームが無能かを知らしめるだけですから・・・

まさに『X-MEN』シリーズの黒歴史
ファンにとってはなかったことにしたいレベルでございました・・・・

この映画で一番すごかったのは・・・・
生身の体で走行中の新幹線の屋根で、ミュータントであるウルヴァリンさんと死闘を繰り広げたやくざさんたちで間違いなしでしょう~。

あ~くだらない映画だった・・・

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 02:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ゼロ・グラビティ』



posteraa2.jpg





監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック ジョージ・クルーニー
製作年:2013年 製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース 映画 上映時間:91分
たけちゃん評価:78


《あらすじ》
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。


内容は地味ながら、斬新な映像で宇宙空間を疑似体験させてくれます。

スペースシャトルの大破により宇宙空間に放り出された宇宙飛行士の決死のサバイバルを描いた話題作。
アカデミー賞作品賞にもノミネートされるなど、評判もすこぶる良い作品です。

内容的には事故が起きてさぁ大変!ってことでなんとか帰還すべく頑張るっていうだけだし、見終わった後に冷静に考えてみても、登場人物はそれほど映画的に盛り上がるような奇想天外なことはやっていません。
至って地味なチョイスと作業を必死に頑張っていくだけ。

でもそれが逆にリアル。

観賞中は口がず~とポカ~ンと空いたままになってしまうことでしょう。

それほど宇宙空間の描き方やVFXが群を抜いています
これって本当に宇宙空間で撮影しました!って言ってもおそらく誰も疑わないのではないでしょうか??

ワンカットの長回しを多用しつつ(本当にワンカットではないでしょうが)、ありえない角度でのカメラのドリー(移動)などはまさに宇宙空間を観客に疑似体験させるという点では極上レベルです

gravity_pin-16.jpg

もう一つ良い点を挙げるならば、なんといってもその上映時間。
今時90分そこそこで切り上げてしまう大作ハリウッド映画なんてそうそうないですよね。
実際問題どれほど最高技術の映像で見せてくれたとしても、そこは宇宙空間。
あまり変わり映えのしない同じようなシーンの連続であることも事実。
となれば、130分延々とやるとどうしても途中で飽きちゃうはずだからでしょう。。。。
観客の集中力が持続するのはせいぜい90分と判断したのは作り手側の英断だったのではないでしょうか。

なお、この作品に関しては劇場で公開されている間に足を運んで、ぜひ大画面の3Dで鑑賞することをお勧めします

無重力空間でふわふわと浮いている水の塊についつい手を伸ばしてみたくなること間違いなしです。

おすすめ映画でございます~

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 洋画(あ行) | 04:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アメージング・スパイダーマン』

cdc53bc3.jpg





監督:マーク・ウェブ
出演:アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン 
製作年:2012年 製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
上映時間:136分
たけちゃん評価:70
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は両親が失踪した8歳のときから伯父夫婦のもとで暮らしていた。ある日、ピーターは父リチャード(キャンベル・スコット)の共同研究者だったコナーズ博士(リス・エヴァンス)のもとを訪れ、研究室で特殊なクモにかまれてしまう。その直後、ピーターの体には異変が起き……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これはこれでありなスパイダーマン。

『500日のサマー』の監督さんに変わって新しくスタートしたスパイダーマン。
前回までメガホンを取ったサム・ライミ監督作品の第1作目は今からもう10年も前になるんですねぇ・・・
で、やっぱり監督さんが変わると作品の匂いもガラリと変わってしまうもので、この作品も全シリーズにまで漂っていたオタク臭というかマニアック臭みたいなものは消え去って、なんだか洗練されちゃって優等生になっちゃった感じです。ですから『サムライミ万歳~!』って人には受け入れられないのでしょうけど、僕のように面白ければ気にしないよ~て人には充分楽しめる作品だと思います

2012-The-Amazing-Spider-Man-HD_1600x900.jpg

なんといっても主人公がイケメン!!!ヒロインも・・・まぁまぁ普通に可愛いかな??
前シリーズまでのヒロインの可愛くなさときたら・・・ある意味名物でしたもんね(笑)
そんなかんじでイケメン美男美女が繰り広げる青春映画のような爽やかなスパイダーマンって感じの作品ですかねぇ・・見ていて清々しいのでこれはこれでアリかな??

メインのアクションシーンや見せ場の数々はさすがに10年の進化を感じさせてくれます。とにかく綺麗なのがすごいです。夜のシーンでも映像が見やすくて迫力があるってものすごく大切なことですよね
ストーリの大筋はサム・ライミ版パート1をなぞったものですが映像や演出は進化しているのでその辺がが見ものです
何よりスパイダーマンをかっこ良く見せる撮り方がうまいなぁ~って感じました

参考になったよ~という人は拍手ボタンをポチッとお願いします~

| 洋画(あ行) | 04:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。