たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『真夏の方程式』

manatuhoutei.jpg





監督:西谷弘
出演:福山雅治 吉高由里子 杏 風吹ジュン 前田吟
製作年:2013年 製作国:日本
配給:東宝 上映時間:129分
たけちゃん評価:72


《あらすじ》
きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。


親子愛に重点を置いた良質なドラマ

東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾。
前作『容疑者Xの献身』もテレビドラマ物の映画化ながらドラマとは一線を画す作り方で、映画単品としての完成度が高く、ドラマ→映画パターンの稀に見る成功例でした。
とにかく『ドラマも見たことない人でもいきなり楽しめること』これに尽きるわけです。

で、この作品なんですが・・・
ドラマ見てなくても普通に楽しめちゃいましたねぇ~
おそらくドラマからの登場人物であろう吉高由里子や北村一輝はほんのチョイ役な立ち位置でしか描かれたおらず、メインは映画オリジナルの登場人物たち(秘密を持った旅館の一家)にスポットが当たっているのが良いです

manatuhoutei2.jpg

で、事件の真相を暴いていくのが子供嫌いな主人公の科学者とズバリ子供。
この組み合わせもとても良い効果を出しています
これが普通に吉高由里子だったら随分と面白みのない安っぽい映画になったんだろうなぁ・・・

科学嫌いのバディ(子供)に延々とそして淡々と実験を繰り返しながらその面白さを伝えるシーンなどすごくいいかんじでした
計測して回収。計測して回収。
ほとんど会話のないシーンでありながら湯川が実は決して冷淡な人間ではなく、愛情表現に対してただ不器用なだけということがものすごく伝わってきちゃいます。
お見事!

じっくりとどっしりと硬派な作りのサスペンス映画。
田舎の美しい景色に癒されながらもある家族の悲しい過去に心揺さぶれる。。。。
まさに真夏の暑っ~~い時期にこそ見るべきかも。

全体の雰囲気がとても良いです

音楽もスバラシー

参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 邦画(ま行) | 05:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ももへのてがみ』

momoletter_wp_sp.jpg






監督:沖浦啓之
声の出演:美山加恋 優香 西田敏行
製作年:2011年 製作国:日本
配給:角川映画 上映時間:120分
たけちゃん評価:68
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
父親を亡くしたももは、11歳の夏に母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来る。彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた父からの書きかけの手紙が遺(のこ)されていたが、その真意はついにわからずじまいだった。ももは仲直りできないまま逝ってしまった父親のことで胸がいっぱいで、慣れない場所での新しい生活になかなかなじめずにいた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年の製作期間をかけて完成させた長編アニメーション。
この作品のどこに7年もかける必要性があったのかはとりあえず置いておきまして・・・・作品の出来としてはまぁまぁってところでした・・・
でもまぁ作画監督が『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画は『AKIRA』の井上俊之『猫の恩返し』の井上鋭、さらには美術監督には『魔女の宅急便』の大野広司という錚々たる顔ぶれが揃っているだけあって舞台となった瀬戸内の風景や町並みの書き込みのレベルは相当高いです多分この手のアニメの中でもトップレベルなんじゃあないでしょうか???

201212140123116b2.jpg

でも肝心のもののけ三人組のキャラクターデザインが・・・・しょっぱい
映画冒頭ではそう感じたとしても本編が進むにつれ愛着がわいてきて、終盤ではついに愛おしく感じてしまう・・・そんなキャラクターデザインであって欲しかったんですが最後の最後まで、『もうちょっとなんとかならないかなぁ・・・』ってかんじでした。
人間たちのキャラクターは別にそうでもないんですけどね

そんなわけで、美術レベルは最高、音楽もすこぶる良し。
でも、もののけのデザインが厳しい。ストーリーもどこかで見たことあるようなお話。
ってところでこの点数でした

参考になったよ~という人は拍手ボタンをポチッとお願いします~

| 邦画(ま行) | 03:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マザーウォーター』 

motherwater_1_1b.jpg

たけちゃん評価:50
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督は、『かもめ食堂』『めがね』でメイキングを担当していた松本佳奈さん。
これがデビュー作です。
結局いままで携わってきた作品と同じ要素しかない雰囲気ほんわか映画。
もうこういうの新しくないですよ~
でもお豆腐とサンドウィッチが食べたくなるので+10点

| 邦画(ま行) | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マイ・バック・ページ』

mybackpage_1_1b.jpg

たけちゃん評価:60
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うぅ。。。時代背景は映画としてかなり映える『学生運動』なんですが。。。
内容がなんちゃないので盛り上がらない。
革命家気取りの口先ハンパ野郎とそれにまんまと騙された周りの大人達の話じゃああまりにもショボイ。。。
ところで妻夫木聡は演技が上手くなってきたなぁ~と思います

| 邦画(ま行) | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『瞬 またたき』 

matataki_1_1b.jpg

たけちゃん評価:65
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『瞬 またたき』 65点
まあまあ最後まで見ることは出来たけどみなさんの演技が妙にぎこちないです。
オチもそこまで意外性はないので2時間ドラマを見た感じ。
地味。

| 邦画(ま行) | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『待合室』 

matiaisitu-bt1.jpg

たけちゃん評価:50
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2大女優が出演してます。駅の待合室に置かれてる『命のノート』を軸に話が進められていきます。
どうにでも面白く出来そうな題材なのにいたって地味。
悪くはないんだけど薄味すぎて。。。
全然泣けそで泣けない映画ってかんじ。

| 邦画(ま行) | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『魔界転生』

makai01.jpg
[2003年/日本/カラー/106分]
監督:平山秀幸
主演:窪塚洋介 麻生久美子 佐藤浩市 杉本哲太
配給:東映
たけちゃん評価:20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》キリシタンの一揆"島原の乱"で領民たちと共に命を落としたはずの天草四郎が、 深い怨念を胸に再び現世に蘇った。天草は自分と同じように不本意な死に追いやられた者たちを集め、 悪魔の力を借りて時の将軍・家光への復讐を企てる。その一方で、 紀州藩主の徳川頼宣も太平の世に不満を抱き、 次期将軍の座を狙っていた。そんなある日、 頼宣のもとに現れた天草は、 頼宣の野望の実現を約束する。そして魔界の秘術を尽くして、 剣豪・荒木又右衛門を復活させるのだが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
故深作欣二監督の名作のリメイク版です。
前作では沢田健二が圧倒的な存在感で演じた天草四郎を今回は窪塚洋介が演じてます。この人本当に演技の幅が少ないということを以前にも書きましたがそれは今作でもやはり同じです。
とにかく台詞は棒読み、存在感なし、動きも悪い。見る耐えません。
佐藤浩市は柳生十兵衛を演じますがやはり前作の千葉真一があまりにかっこよすぎたため全然見てられないです。
あと決定的な点はというと、とにかく全編にわたって殺陣がぜんぜんなってないんです。宮本武蔵や胤舜という猛者たちと十兵衛の戦闘シーンなんてただのチャンバラごっこ。命の取り合いという緊迫感、スピード感、迫力は全く無いです。これならTVの暴れん坊将軍の方がよっぽど迫力があるって・・・
監督は平山秀幸。『愛を乞う人』で賞を総なめにしたことのある方です。
こういう娯楽大作は今回が初めてだったと思います。この人残念ながら新作を出すたびに評価が落ちていっています。今回はもう行き着くとことまでいっちゃったかんじ・・・
とにかく話の展開が甘すぎるんです。
まず十兵衛が魔界衆に立ち向かおうとする冒頭。その動機付けなんかは全く省いちゃってるんですね。登場したときは腕は立つが俗世にはあまり関わりを持とうとしないキャラみたいな描かれ方をしているのに気がついたら
『魔界のもの全て斬る!』てかんじで江戸に向けて出発しちゃってます。
たしかに自分の関係者が殺されちゃったりさらわれちゃったりはしてはいるんですがな~~んか不自然なんですね。
あと十兵衛に付いてくる仲間達なんて超弱いの。仮にも柳生でしょう?もう少しましなやつを連れて行けばいいのに。魔界衆と戦うたんびにばったばった死んでいくんです。
足手まといそのもの。挙句の果てには女剣士なんかまで連れて行きます。当然即死。な~んか命の扱い方が希薄なんですね。仲間はほとんど死んじゃうんだけど十兵衛は案外平気な顔でまた江戸に向けて旅立ちます。
なんだかなぁ~
あと問題なのがCG。いろんなところでCG使っていますがしょぼいので逆に作品が安っぽくなっちゃっています。こんなCGなら使わない方がまだまし。
魔界衆が死ぬときは赤い血の霧みたいなものが体から出てくるんですが、もういかにもとってつけたかんじで後ろの背景の質感と全然あってないので笑っちゃいました!
今の観客はハリウッドのCGで目が肥えてるんだからこんなレベルのものじゃあ通用しないって事がなじぇわからないんでしょうかねぇ~(笑)
ドラマと殺陣で勝負しろよな。
ラストシーン。
いよいよ天草四郎と十兵衛はあいまみえます!
全然迫力の無い殺陣を見せられます。で十兵衛が四郎を倒した瞬間。観客の目に飛び込んでくるのは、

いきなりエンドクレジットです。

余韻もなんもあったもんじゃぁありません。

駄作!

| 邦画(ま行) | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『模倣犯』

CopyCat_Killer-879775152-large.jpg
[2002年/日本/カラー/124分]
監督:森田芳光
主演:中居正広 藤井隆 津田寛治 木村佳乃 山崎努
配給:東宝
たけちゃん評価:40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《あらすじ》
一人の女性が姿を消した。消息がわからないまま10ヶ月がすぎた頃、公園のごみ箱から女性の右腕とショルダーバッグが発見される。次いで生放送中のテレビのワイドショーに犯人と名乗る男から一本の電話が入り、殺人ライヴを予告する。騒然とする中、犯人はTVやインターネットなどのメディアを通じて、次々と嘲笑うかのような挑発的な犯行声明を繰り返していく。日本中が翻弄される中、突然、容疑者と目されていた人物の事故死が判明し、事件は収束に向かうかに思われた。だが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮部みゆきの同名ベストセラー小説の映画化。
この作品とにかく評判が良くない映画として有名です。
ところ観てみるとまぁ何とか最後までは我慢できる映画になっていました。
監督は『失楽園』、『39 刑法第39条』、『黒い家』など最近は原作物ばかり撮っている森田芳光監督。いや撮れなくなってしまっているの間違いかなぁ?(笑)
この監督、本来はそれほど力量がある監督ではないような気がします。最近の作品はどれも原作物でそのどれもが原作ほどの出来にはいってないようです。
しかしながらキャスティングとその演出に関してはなかなかのものを感じます。
今回も非常に奇抜なキャスティング。犯人役にご存知国民的アイドルグループSMAPの中居正広。この時点で大失敗を予感させましたがさすがは森田監督。
ピースと名乗る冷酷な知能犯役が以外に様になっちゃってます。
もともと彼にはこういうねっとりとした冷酷さっていう資質があったのかもしれません。もしそれを見抜いていたとすれば監督の見る目はすげーと思わされますね。それ以外のキャスティングもそう。藤井隆なんかも監督によってしっかりとその持ち味を引き出されてるように感じました。
中でも秀逸だったのが津田寛治です。4カ国語を操る犯罪者という難しい役柄を実に存在感のある演技でこなしていたと思います。
そんなかんじで俳優陣は良い仕事をしていました。
ですが原作は上下2巻にわたる長編大作。所詮2時間程度にまとめようとすればそのほとんどを削らなくてはならないのは当然で、そうなると人物描写は中途半端になって、話の展開にも無理が出てきます。
だから映画として中途半端になるのは仕方のないこと。『黒い家』や『失楽園』ほど話は単純ではないため完全に原作に負けている模様。
それが証拠に原作ファンから大ブーイングが巻き起こっておりまする~♪
原作か映画か?と聞かれれば間違いなく原作をオススメします!

最後のCGのシーンはあえて突っ込みません。日本映画だもん。仕方ない。

| 邦画(ま行) | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。