たけちゃんのピリ辛映画感想文

自由気ままな映画の感想文です~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『小野寺の弟・小野寺の姉』



163038_01.jpg






監督:西田征史
出演:向井理 片桐はいり
製作年:2014年 製作国:日本
配給:ショウゲート 上時間:114分
たけちゃん評価:70


《あらすじ》
両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強いより子と、クセのある姉弟だったがほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく。。

お互いを思いやる姉弟の姿が微笑ましい。

向井理と片桐はいりが姉弟役で映画初共演し、互いを大切に思いあう不器用な姉弟にそれぞれ訪れた幸せの行方を描いたハートウォーミングコメディ。
2013年に上演された同名舞台の映画化で舞台版も向井と片桐が主演してたそうです。
まず何と言っても姉役に片桐はいりを持ってきてる時点で相当な爆発力ですよね。それだけでかなり面白そうって気になっちゃいます。
『かもめ食堂』やその他の作品では彼女の強烈な個性を前面に出したものばかりで、女優としての本格的な見せ場が少なかったですが、今作ではほぼ主人公ですからあのゲテモノ顔の彼女の演技を十二分に堪能できるという面でかなりレア。
で、弟思いの姉、婚期を逃したさみしい女性。それでいてものすごくチャーミング。という主人公をとてもリアルに演じられてると思いました。
弟役の向井君も今までの作品中『ベスト』と言ってもよいぐらいのハマリ役。
すかしたイケメンよりこういったちょっとだらしないダメな男を演じた方が味が出てます

2295.jpg

編集は『霧島部活やめるってよ』で最優秀編集賞を受賞した日下部さん。
ご本人に話を聞いたところ『面白いよ』とおっしゃってたのでちょっぴり期待してましたが。。。うん、面白い
なんていうかそれほどドラマチックな急展開は少ない作品で淡々と2人の日常を描きつつ、しっかり笑わせてくれ、そしてほんのり泣かせてくれるってかんじ。
全体的に嫌みがない雰囲気でとても好印象でした。
僕は女の兄弟がいないのでそこまで感情移入は出来なかったかもしれませんが、『あ~この姉弟・・・・いいなぁ~』と心がほっこりします。

気持ちの良い一品。なかなかお勧めです

最後まで読んだよ!という方はこちらをポチっとお願いします~。

スポンサーサイト

| 邦画(あ行) | 05:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『思い出のマーニー』



163038_01.jpg





監督:米林宏昌
声の出演:高月彩良 有村架純
製作年:2014年 製作国:日本
配給:東宝 上時間:103分
たけちゃん評価:75


《あらすじ》
心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。

新生ジブリの役割は十分に果たしました。

イギリスの作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学「思い出のマーニー」を、スタジオジブリがアニメーション映画化。
宮崎駿と高畑勲の2大巨匠が一線から退いた後の初ジブリ長編映画として社運のかかった勝負作。

にもかかわらず興行収入初登場ではなんと第3位!!!!
ポケモンにすら負けてしまったこちらの作品
まさかそんな日が来るなんて誰が想像したでしょうか~。

まぁでも仕方がないのかなぁ・・・・
だって予告編みてもあまり面白そうだなぁ~かんじはしないもんね

女の子2人のひと夏の交流(恋愛)を描いた作品なんだろうな~て思いますから。
これって男性が一人で映画館に足を運ぶのはちょっとためらっちゃうレベルかも知れません。

で、実際頑張って観賞してみた結果は・・・・

とにかく眠い。
前半は本当に眠くなっちゃいます。

杏奈とマーニーが出会ってからも淡々と話は進んでいきますがこれと言って見せ場もないかんじ・・・
唯一の見どころは日本が誇る美術監督の種田陽平と『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』の安藤雅司の13年ぶりの作画監督としての仕事ぶりって部分。
画の美しさは本当に素晴らしい。安定のジブリ。眠いけど・・・・

1011883_02.jpg

ところがどっこい。
眠気が襲ってくる前半とは違い中盤から終盤にかけて徐々に目が離せなくなってまいります。
謎めいた少女マーニーの正体に迫る後半。
最後に全てが明らかになった後は涙なしには見れない展開に

そしてその時に気が付くのです。
眠たかった前半に散りばめられた伏線の数々。
なるほどそう来たか~!
この作品は2回目に見た時の方がいろいろと感動するかもしれません

深い深い愛情の物語。

新生ジブリの船出を飾る作品としての役割は十分に果たしてますね。

ジブリ作品に対しては過度の期待をかけて常に批判をする方も多いですが、そういった色眼鏡を外して見てもらいたいところです。
1つのアニメーション映画としての完成度は決して低くはないですから。。。。


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(あ行) | 18:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』



163038_01.jpg





監督:行定勲
出演:芦田愛菜 渦原琴子 伊藤秀優 青山美郷 入江甚儀 丸山隆平
製作年:2014年 製作国:日本
配給:東宝映像事業部 上時間:113分
たけちゃん評価:60


《あらすじ》
狭い団地で、毎日大きな円卓を囲むにぎやかな8人家族で暮らす琴子は、好奇心旺盛な小学3年生。気になった言葉や初めて知ることを「じゃぽにか(ジャポニカ学習帳)」に書き留めるのが日課で、個性的な家族やクラスメイト、担任のジビキ先生らに囲まれ、学校と家とその周辺の小さな世界で元気いっぱいに駆け回っていた。ようやく訪れた夏休み、お隣に住む仲良しのぽっさんがおばあちゃんの家に行ってしまい、ひとりで自由研究にいそしんでいた琴子に、最大のピンチが訪れる。

まとまりがない作りにがっかり。

名子役:芦田愛奈ちゃんを主役に置いている時点で、小学生主人公物としては安心して見れる水準であることは初めから約束されている作品。
実際彼女の演技力はこの作品で十二分に発揮されています
他の子役たちもなかなかにみずみずしい演技で彼女の足を引っ張ることなく作品に華を添えているので見ていて安心

でも残念ながら肝心の中身がつまんない。
想像力豊かな小学3年生の等身大の姿を様々なエピソードを絡めながら見せてくれるのですがどうも芳しくございません。

index.jpg

あれやこれや詰め込んだ割には映画の完成度を高める効果はあまり無かったかなぁ・・・
まとまりがないのでいったいいつ面白くなるのかな~??と思っていたら終わっちゃった・・・・
そんな作品でした

ひと夏の少女成長物語というコンセプトはいくらでも面白くなりそうな素材だっただけに残念。
原作は未読なので分かりませんが、もう少し映画として魅力のある物であってほしかったです

元々公開館数も少ないうえに上映回数も少ない今作。
関東ではあっという間に公開を終了するところもありました。

監督さんはかなりぼやいておられましたが・・・・
劇場側にもっと努力をしてほしいという考えてるようじゃあまだまだ復活は遠いのかなぁ。
好きな監督さんだっただけに頑張ってほしいです

にしても顔の上にウサギが乗ってるシーン。
どうしてもCG使うしかなかったんでしょうが、あのクオリティーでGOサインが出せるっていう時点でレベルの低さがわかっちゃいます
僕ならあんなCGなら絶対に使わないけどなあ。。。。(^^;)


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。

| 邦画(あ行) | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『永遠の0』



img_1234326_37593665_0.jpg





監督:山崎貴
出演:岡田准一 三浦春馬 井上真央 濱田岳
製作年:2013年 製作国:日本
配給:東宝 上映時間:144分
たけちゃん評価:78


《あらすじ》
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり…。

日本人なら見ておくべき作品。但しキャスト陣の役作り不足も感じます。

大ベストセラーの映画化。
監督はVFXに定評のある山崎監督です。
どこかのパッチギばか監督が
『ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのにただ特攻を美談化するような描写に納得できない。』
などと批判してましたが、どこをどう見れば特攻美化になるのやら・・・???
これってフィクションなわけだし、どこにも実話とうたってないし。実話である必要性は全くないでしょうに。
なんていうかそもそも頭が悪いとしか思えない低レベルな批判を繰り広げていました。
でもパッチギバカ監督の撮った作品よりも断然出来はいいです(笑)

大体このゼロ戦っていう稀代の名機に憧れることと、戦争行為に憧れを持つことって全く正反対で対極に位置する感情ですよね。

ラストシーンの岡田君の壮絶な特攻シーンを見たら、純粋に日本人の血が流れているものであれば多くの人が感動するでしょうし、かっちょいい!!!って思うはずでしょう。
でもだからって戦争や特攻は素敵なことだ~って思う人なんかいないっつーの!!!
この作品も当然そのように描かれてるわけなので先ほどの低レベルな批評は全くもって的外れ。

さて、おはなしの面白さ、これはまぁ原作ものですから作家さんの独創性の力によるものが多いでしょう。
事実は小説よりも奇なりとうい言葉もあるぐらいなので、こういった最後のオチはまぁ無くはないかな?

でもこの映画の本当に伝えたいことはその部分ではないのかもしれません。

劇中では主人公のお友達が合コンの場で特攻の事を自爆テロみたいなもんでしょ??みたいな発言をします。
現代の若者にとっては先の大戦に対する知識、認識とはあの程度だという事実。
これはまさに現実社会でもその程度かもしれません。

実の祖父の事を調べるうちに太平洋戦争に関する正しい知識を身に付け始めていた主人公は、ここで激しく憤りをかんじるわけです。
ラストシーンでも祖父の特攻の真実に行き着いた主人公が激しく嗚咽するシーンがあります。

戦時中、多くの若者が未来の日本人の為にその身を投げ打って犠牲になってくれたにもかかわらず、今現在の自分や周りの同世代の若者が、いかにその思いを無駄にして生きているか。またそのことすら知らずに、知ろうともせずに日々を無駄にしながら生きていたか。
そのことに対する自責の念が、あの嗚咽のシーンに繋がるのでしょう。

まさにこの部分が今作が最も観客に伝えたい部分であったのだと僕は解釈しました。


eiennozero_a01ba.jpg

そういった意味ではこの作品は日本人ならまず見ておかなければいけない作品だと思います。

但しキャスト陣に関しては少し残念だったかな???
現代を舞台にした場合はみなさんベテラン組ですし、三浦春馬くんもまぁそつなく演じています。
でも戦時中のキャストの方々は・・・・・
う~ん。。。。
なんか違うんですよね~
岡田君もすっごい頑張ってるし、ほかの皆さんも精一杯真摯に演じていることは伝わってきます。
にも、かかわらず彼らのやり取りを見ていても当時の日本軍の匂いがしてこない。
現代っ子が衣装を着て兵隊さんを演じてます感が結局最後まで消えることはありませんでした。

う~ん。なぜなんだろう???そもそも実際の兵隊さんも若かったから演技が稚拙なのは仕方がないのか??
にしても、出てる若手俳優さんたちはみんな演技がそこそこ出来る人が多いのに。。。

とず~と考えてたら原因がわかりました!!!
それは・・・みんな戦時中なのに・・・・妙~~に・・・・

ふっくらしてる

岡田君も開戦前ならあの体型でいいのですが、終盤に人が変わったようになってるという設定時でも、メイクだけはそんなかんじで施されてますが顔の肉付きは全く変わってない。

井上真央も開戦前と終戦後の苦労している時分の顔つきが同じだから全然苦労しているように見えない。

浜田岳なんてもともとがあのちびっこ骨太体型なんだから、もっともっと体を絞って撮影に臨むべき。


86d6fe6d17dddafd7bbac36c0737883e4bbe3b761343401231.jpg

かのクリスチャン・ベールの狂気に満ちた役作りを見習ってもらいたいところです。

なるほど・・・だからいい作品なのにどうも彼らに緊張感が感じられないわけですね。
もっと覚悟をもってこの作品に挑んでほしかったし、挑むだけの価値のある題材でもあったはずなだけにその部分が残念ですね

もし全俳優さんがこの覚悟をもって撮影に臨んでいたなら・・・・
近年稀にみる戦争映画の金字塔にさえなりえたのかもしれません。


参考になったという人はこちらをポチっとお願いします~。


| 邦画(あ行) | 01:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『相棒 劇場版Ⅱ』 

aibou2_3_1b.jpg

たけちゃん評価:30
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
テレビドラマの方が断然面白いです。
この手の作品って大風呂敷を広げれば広げるほどつまんなくなっていくもんです。。。
もはや何がしたいのかよくわからない映画でした。

| 邦画(あ行) | 02:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『犬とあなたの物語』 

inutoanata_1_1b.jpg

たけちゃん評価:10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今時オムニバスとは驚かせていただいちゃいました・・・
どの話もひどい!
犬の顔さえ見れれば幸せ~というかなり限られた客層をターゲットにした作品です。

| 邦画(あ行) | 02:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 

uso_koware_1_1b.jpg

たけちゃん評価:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原作はベストセラーらしいのですが。。。
何が面白いのかサッパリ
シニカルだけど中身は子供だまし。何も残らないとはこのことでした。

| 邦画(あ行) | 02:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『小川の辺』 

130904506062316426757_ogawano-hotori-nt3.jpg

たけちゃん評価:60
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知り合いのプロデューサーさんが携わってる作品なので映画館で観てみました
元々原作も短編ものだけあって話の規模が小さすぎて物足りなかったです。。。。
東山紀之は時代劇をやらせるとなかなかいい味出してました~
でも妹役の菊池凛子は本当にひどい。。。。

| 邦画(あ行) | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。